日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋祐也4度目逮捕で芸能界が警戒

三田佳子次男・高橋祐也容疑者の“4度目逮捕”で芸能界に広がる警戒心「もう2世タレントは……」

三田佳子オフィシャルブログ「佳子のガラパゴス遊歩」より

 女優の三田佳子の次男・高橋祐也容疑者(38)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、警視庁渋谷署に逮捕された。

 高橋容疑者は10日夜、知人と来店した飲食店でほかの客と口論になった。通報を受けた警察官が駆けつけると、高橋容疑者の言動がおかしかったことから、尿検査を実施。覚せい剤の陽性反応が出たため、緊急逮捕となったという。

 高橋容疑者は、当時高校3年生だった1998年に自宅で薬物パーティーを開いて初逮捕。その後、大学生だった2000年にも自宅で覚せい剤を使った容疑で逮捕。07年にも薬物に手を染め、懲役1年6月の実刑判決を受けていた。10年2月には改心を誓って結婚、その年には男児を授かっていたが……。

「初犯から20年もたって抜け出せないということは、完全に中毒になっていて、体も脳ミソも蝕まれている状態だと思われます。昔から金払いのいい高橋容疑者の周囲には、半グレ集団や素行の悪いホストなどが群がっていました。若いときから金があったので、そういう連中が寄りつき、いいように使われながら、悪い道へと進んできたようです。性根は悪くないのですが、坊ちゃん育ちで周囲に流されてしまった結果、悲惨な人生となってしまいましたね」(芸能関係者)

 今回の逮捕は、芸能界にも影響を与えそうだという。

「昨年6月には橋爪功の息子・橋爪遼が、10月には清水アキラの息子・清水良太郎が覚せい剤取締法違反で逮捕されました。金持ち家庭に生まれ、小さいころから何不自由なく甘やかされて育ってきた2世タレントが相次いで薬物事件を起こし、世間の目は厳しくなっています。テレビ局やスポンサーも、こういう事件が多発すると警戒心を強めるので、よからぬウワサがあったり、社会常識のない浮世離れした2世タレントは、これから仕事が減っていくことになるでしょう」(同)

 もうこれ以上、2世タレントの薬物事件、トラブルが起きないことを願うばかりだ。

最終更新:2018/09/16 08:00

三田佳子次男・高橋祐也容疑者の“4度目逮捕”で芸能界に広がる警戒心「もう2世タレントは……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真