日刊サイゾー トップ > 芸能  > リア充・剛力の好感度が上昇中?

剛力彩芽の好感度が“一周まわって”上昇中!? 幸せそうな“リア充”姿が話題に

剛力彩芽 公式インスタグラム(@ayame_goriki_official)より

 9月15日、女優の剛力彩芽が約20日ぶりに自身のインスタグラムを更新。今回は前澤友作氏との“匂わせ投稿”を行わなかったものの、ファッションを楽しむ様子を公開している。前澤氏との交際に賛否の声が上がっているが、最近の剛力はとても楽しそうだ。

 久しぶりにインスタを更新した剛力は、「やっぱり黒が好き」とのコメントとともに全身黒のコーディネート写真をアップ。トップスやパンツ、バッグはサンローランやディオール、エルメスなどの高級ブランドでビシっとキメている。3枚公開した写真の内1枚は髪型のアップで、後ろ髪だけに入った金色のインナーカラーをチラ見せした。

 スタイリッシュでファッショナブルな剛力を見たファンからは、「毎回ステキな写真ありがとう!」「清楚系女子からロック系へ転身って感じが素敵ですね」「更新してない間も楽しそうで何よりです!」「なんか顔が幸せそうにみえる」といった好意的な声が上がっている。

「前澤氏と剛力が交際を宣言したのは今年4月頃でした。お互いのSNSでラブラブっぷりを公開してきた2人に『気持ち悪くて鳥肌立つ』などの批判的な声が続出。剛力はインスタの投稿を全削除して謝罪するに至っています。しかし削除後も剛力は前澤氏の写真を公開するなど、交際が順調なことをアピール。また最近のインスタには、ゴルフを楽しむ様子やSUMMER SONICを訪れた時などの姿が。誕生日には麻布十番のお店で祝ってもらったようですし、幸せそうな様子を度々公開しています。“リア充”な剛力を見たアンチからも『最近はちょっと気になって、インスタをチェックしてしまう自分がいる』『みんな辛口にならずに幸せを祈ってあげようよ』『なんだか好きになってきた』といった声が少なくありません」(芸能ライター)

 剛力と交際している前澤氏といえば、今月18日に自身のTwitterで“月へ行く”ことを明かして大きな話題になったばかり。また“剛力が月へ同行するのか”に大きな注目が集まっていた。

「剛力が所属するオスカーは、『剛力自身が月へ行くことはありません』と異例のコメントを発表。剛力の“月同行説”をキッパリと否定しました。事務所のコメントが発表されるとネット上からは、『話のスケールがデカいわ!』『今まで聞いたことのない芸能ニュースでなんか笑う』『剛力さん、アホみたいなニュースを届けてくれてありがとう』『今年1番笑った。一緒に月行ってほしかったわ』などの声が続出しています。前澤氏が月へ出発するのは5年後の2023年。交際が続いていれば、剛力が月へ行く可能性もあるかもしれません」(同)

 前澤氏と交際宣言をして好感度が急落した剛力。しかし“一周まわって”今の楽しそうな剛力を受け入れている人も多いようだ。

最終更新:2018/09/19 19:00
こんな記事も読まれています

剛力彩芽の好感度が“一周まわって”上昇中!? 幸せそうな“リア充”姿が話題にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

徳井の申告漏れで相方とばっちり

 1億円を超える巨額申告漏れ騒動で活動自粛を...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...
写真