日刊サイゾー トップ > 芸能  > ヒロミの新MC起用に批判殺到

ヒロミの芸風は時代遅れ? 『火曜サプライズ』新MC起用に、早くも「もう見ない」の声

ヒロミ ビィー・カンパニー公式サイトより

 ウエンツ瑛士がMCを務める『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の新MCに、タレントのヒロミと青木源太アナウンサーの起用が決定。しかしネット上では「なぜ好感度のないヒロミをMCに?」と早くも不満の声が上がっている。

 MCの交代はウエンツが9月末に芸能活動を休止して、10月からイギリス・ロンドンへ留学するため。同番組では9月19日に“緊急生放送”を行い、終盤で青木アナウンサーが登場して自ら新MC決定を報告。さらに青木アナウンサーが『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)の収録スタジオを訪れ、ヒロミの新MC登板が報告される流れとなった。

 ヒロミの新MC起用について、ネット上では「ウエンツからヒロミに交代って、なにこのガッカリ感」「ウエンツくんのノリが好きだったのに。ヒロミは芸風が苦手すぎる」「ウエンツは気配りがすごいのにその後任がヒロミって大丈夫なの?」といった反応が続出。既に「もう見ない」と宣言する声が続出している。

「ヒロミといえば、6月放送の同番組にゲスト出演した際に横柄な態度が批判されたばかり。その放送回は“10年目SPゲスト”として、ヒロミと歌手の藤井フミヤがゲストとして登場しました。冒頭で藤井だけ持ち上げる発言をするウエンツに対し、ヒロミは『事務所が大手じゃなかったら、お前殺してやるぞ』と怒りのツッコミ。さらに食レポの場面では肘から先をテーブルに乗せたまま食事しており、『態度だけでなく行儀も悪い』『子どもに見せられない姿だな』といった批判が相次いでいます」(芸能ライター)

 たびたび高圧的な態度を見せるヒロミに苦手意識を持つ人は多く、乱暴な言葉遣いについても“時代遅れ”と批判の対象に。さらに妻の松本伊代とともに『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)に出演した際には、しつこく頭を叩くツッコミを見せたことが不評を買った。

「同番組の『コリタ食堂』コーナーに登場したヒロミでしたが、ナインティナイン・岡村隆史がボケるたびに頭を叩いていました。またヒロミは過去に同番組で痛い目に合っていたため、同コーナーで『めちゃイケが大嫌い』と発言。登場直後にガリタPこと明松プロデューサーに腹パンチを入れており、過度なツッコミが批判を浴びています」(同)

 MCがウエンツからヒロミへと代わり、視聴率に反映されることになるのか。番組の行方に注目しよう。

最終更新:2018/09/19 15:00
こんな記事も読まれています

ヒロミの芸風は時代遅れ? 『火曜サプライズ』新MC起用に、早くも「もう見ない」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真