日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高畑充希ドラマ成功でテレ東ニンマリ

高畑充希『過保護のカホコ』SPが高視聴率ゲット! ニンマリしてるのはテレ東か!?

日本テレビ系『過保護のカホコ2018~ラブ&ドリーム~』公式サイトより

 昨年7月期に放送された高畑充希の主演ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)のスペシャル版『過保護のカホコ 2018~ラブ&ドリーム~』が19日にオンエアされ、10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をゲットした。この結果には、日テレのみならず、テレビ東京もニンマリしているという。

 同ドラマは、生活のすべてが親任せで、“究極の箱入り娘”の女子大生・カホコ(高畑)が、自分とは正反対の環境で育った画家志望の青年・初(竹内涼真)と出会って成長していく姿を描いた作品。スペシャル版は最終回から1年後の設定で、テーマは「愛と夢は両立できるのか?」。初と結婚したカホコは、仕事と家事に奮闘するが、カホコハウスの経営難、親族のゴタゴタ、両親の離婚問題など、トラブル続き。問題をひとりで解決しようとするも、やることなすこと空回り。いまだ画家としては売れず、アルバイト生活の初との仲もぎくしゃくして微妙にズレ始める……という展開だった。

 昨年の連ドラ版は全10話中、9話で2ケタ台を記録。最終回では14.0%をマークし、全話平均11.5%と高い数字を挙げていたが、スペシャル版でも根強い人気を示した。

 その高視聴率の背景には、作品自体に多くの続編待望論があったこともあるが、どうやらそれだけではないようだ。

「高畑の所属事務所ホリプロの、“露出控えめ”作戦が功を奏したのでしょうね。高畑は2016年前期のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインを演じてブレークを果たしました。その後は映画に軸足を置いて、ドラマ出演は封印しました。そして、満を持して、『過保護のカホコ』で主演。再び、連ドラへの出演を控えたため、視聴者的には『久々に見たい』という気になるのでしょう。この10月期には、テレビ東京系『忘却のサチコ』で主演を務め、1年3カ月ぶりに連ドラ出演しますが、『過保護のカホコ』SPの高視聴率には、タイミング的にはテレ東もニンマリでしょう。いい宣伝になって、深夜枠ながら、『忘却のサチコ』も、それなりの注目を集めるんじゃないですかね」(テレビ誌関係者)

 高畑とは逆に、朝ドラ『あさが来た』(15年後期)のヒロイン・波瑠は、ドラマに出まくって、主演、ヒロインで大活躍。“数字が取れる女優”と称されるまでに飛躍したが、今クールで主演を務めている『サバイバル・ウエディング』(日本テレビ系)は1ケタ台が続く苦戦を強いられており、“露出しすぎ”の弊害が出てきたのかもしれない。

 一概に、どちらの売り方が正解というものではないだろうが、高畑の場合は映画もドラマも、“露出しすぎない”作戦を取っており、事務所の方針は一定の成果を挙げているようだ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/09/22 06:00
こんな記事も読まれています

高畑充希『過保護のカホコ』SPが高視聴率ゲット! ニンマリしてるのはテレ東か!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真