日刊サイゾー トップ > 芸能  > 樹木希林さんしか叱れなかった超大物

追悼……樹木希林さんしかダメ出しできなかった「2人の超大物芸能人」って?

樹木希林さん(享年75)

 数々の伝説を残してきた名女優の樹木希林さんが15日、この世を去った。享年75。2003年に網膜剥離で左目を失明し、05年には乳がんで右乳房を摘出。13年にがんの全身転移を告白するも、それをネタにして笑いを誘うなど、最期まで“らしさ”を貫いた。

 芸能界でも“治外法権”というべき位置にいた希林さんは、あの「超大物」2人にダメ出しできる数少ない女優だった。

「和田アキ子さんと、ビートたけしさんですよ」

 そう証言するのは、ある芸能関係者。和田は希林さんが死去して間もなく、自宅へ弔問に訪れたが、これは言わば罪滅ぼしだったという。

「酔っ払った和田さんは、よく希林さんに電話していましたからね。人の良い希林さんはそんな和田さんの電話にも長時間付き合い、『あんた、そんなに飲んだらダメよ。体がおかしくなるわよ』と諭していました。泥酔した和田さんの電話に居留守を使う人が多い中、彼女だけは、どんな時でも電話に出ていました」(同)

 一方、たけしとは1991年のドラマ『金(キム)の戦争』(フジテレビ系)で共演。たけしいわく「希林さんとは(演技の)レベルが違いすぎて、一緒に出たくない」そうだが、芸人の演技について文句を言うことはなかったという。あくまで本業は別と考えていたのだろう。

 一方で手厳しかったのは、“世界のキタノ”に対してだ。2008年公開の監督作品『アキレスと亀』は、その独特の世界観から評価が分かれたが、たけしを気遣い、周囲は誰も異を唱えない。

 これに対し「希林さんは、たけしさんも同席していたあるパーティで『あの映画の何が面白いか、私にはさっぱりわからない。あなたもそう思わない?』と周りの人に聞いて回っていました(笑)。たけしさんがいる会場でですよ! すごい人だな、と思いましたね」(映画関係者)。

 歯に衣着せぬ“希林節”が、もう聞けないのは残念でならない。

最終更新:2018/09/21 16:00
こんな記事も読まれています

追悼……樹木希林さんしかダメ出しできなかった「2人の超大物芸能人」って?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真