日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 小川彩佳アナはなぜAbemaTVへ?
【wezzy】

小川彩佳アナのAbemaTV異動、テレ朝上層部が示した降板人事の唖然とする理由とは?

9月28日の放送をもって、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のサブキャスターを務めていた小川彩佳アナウンサーが番組を卒業した。

 小川彩佳アナウンサーが『報道ステーション』のサブキャスターに就任したのは2011年4月。当時はまだ古舘伊知郎がメインキャスターを務めていた。そこから富川悠太アナウンサーにメインキャスターが変わった後も番組を支え、7年半にわたりニュースを伝え続けてきた。

 そんな長きにわたったサブキャスター生活最後の日、番組終了直前に放送された挨拶で、小川アナは涙に声を詰まらせながらこのように語った。

<2011年の東日本大震災があった直後の4月からサブキャスターを担当させていただいてまいりました。本当に無力感に苛まれることばかりで。ですね、あの……、もうだめだ……(涙をぬぐう)。意味のある言葉を紡ぐことの難しさということを痛感する日々だったんですけども、それでも、一人でも多くの方の心に届く言葉をと模索し続けてこられたのは、本当にひとえに、取材先で出会った皆さまの暖かさだったりですとか、番組をご覧くださった皆さまの叱咤激励の声あればこそです。本当に不器用で、至らない点ばかりのサブキャスターだったと思うんですけれども、7年半の間、見守ってくださり本当に本当にありがとうございました>

 ここで登場する<無力感に苛まれることばかり>という言葉は、『報道ステーション』番組公式ホームページ内「出演者ブログ」にアップされた記事「7年半、有難うございました」(9月28日更新)にも登場する。『報道ステーション』サブキャスターとして過ごした日々を感謝するこのブログのなかで小川アナはこのように綴っている。

<無力感に苛まれることは少なくなく。
言葉を飲み込んだ日は、もっと発信できたことがあったのではないかと悩み、
言葉を発すれば、より意義のある一言があったのではとこれまた悩み、
不用意に繰り出した言葉に不意に傷ついている人はいないかと不安を覚え、
試行錯誤は尽きませんでした>

 彼女が『報道ステーション』に携わった日々は、第二次安倍政権発足以降、どんどん報道の自由が狭まっていき(この間「報道の自由度ランキング」は72位まで下落)、メディアが政権の意向を忖度することが日常の風景となっていった時期と重なる。

 そんななかにあって小川アナは、政権への異論も臆することなく発言してきたし、また時には、自らの所属するテレビ朝日に対する苦言も呈してきた。

 そんな彼女だけに、番組卒業に至るまでの経緯は、7年半のなかでも、特に<無力感に苛まれること>だったのではないだろうか。

改ページ

 小川アナが『報道ステーション』から離れるのは、10月から始まる番組のリニューアルに伴うものだが、実はその前から放送内容のマイナーチェンジは始まっており、政権批判につながるようなテーマのニュースは極力扱わないようになっていた。

 杉田水脈衆議院議員のLGBT差別発言や赤坂自民亭の話題にも、しっかりとした追及姿勢を見せなかったことなどから、こういった変化は視聴者の気づくところとなり、今年7月に番組のチーフプロデューサーが交替した人事の影響があるのではとの憶測も立つようになった。

 「週刊文春」(文藝春秋)2018年8月30日号によれば、『報道ステーション』の方針転換は、まさにそのような社内事情が影響したものであったようなのだが、その理由が唖然とするようなものだった。

 「週刊文春」記事によれば、前述した新チーフプロデューサーへの交替人事は、“テレ朝のドン”こと早河洋会長からの<クール(三カ月)の平均視聴率を11%に上げろ>という命を受けてのものであるという。

 ここ最近の『報道ステーション』の視聴率は、13%前後だった古舘伊知郎(2016年3月いっぱいで降板)時代から下降し、10%を下回ることも多い。そこで新チーフプロデューサーがもち出してきたのが、権力にもの申す硬派な報道番組から、ワイドショー的な形態にかたちを変えていくことだった。7月12日の放送終了後にスタッフを集めて行った今後の方針発表には、驚きの声があがったと「週刊文春」は伝えている。

<(いまの報ステの)イメージは偏差値七十くらい。東大は入れるんじゃないかという感じ。偏差値五十の庶民が見た時に理解できないからチャンネルを変えちゃおうとなっちゃってる>

 「週刊文春」の取材に応えた『報道ステーション』スタッフは<視聴者を偏差値で測ること自体、バカにしている。いろんな関心や境遇を持つ人に今起こっていることを幅広く伝えるのが、報道番組としての報ステの役割>と、新チーフプロデューサーの語った所信表明に疑問を訴えるが、このリニューアルは取り返しのつかない事態まで進行させようとしている。

 早河洋会長および新チーフプロデューサーによる方針転換の結果、原発問題などを取り上げた仕事で業績を残してきた古株のスタッフが<得意な(社会問題などの)分野はあまり取り上げなくなるから契約更新が難しい>として職を奪われたとも「週刊文春」は報じている。これまでの『報道ステーション』を支えたスタッフがいなくなってしまえば、もう二度と元の硬派な報道番組には戻れなくなってしまうだろう。

改ページ

 そして、この方針転換には、“視聴率”というビジネス上の要請以外に、もうひとつ別の側面も見え隠れする。

 早河洋会長には、安倍首相と会食をするなど、権力との接近を問題視する声が多く指摘されてきたが、『報道ステーション』のリニューアルには、こういった政権との関係性を背景に、「忖度する番組づくり」への変化という意味も込められている可能性がある。

 事実、今回のリニューアルで番組を去った小川アナは、前述した通り、弱腰な忖度報道に陥ることなく、政権批判を語ってきたキャスターである。

 そんな小川アナの忖度なき強い姿勢は、安倍首相本人に向けられたこともある。安倍首相が出演した2017年9月25日放送回にて小川アナは、安倍政権が北朝鮮に対して行っている圧力一辺倒の対応は、逆に戦争につながる危険性を高めているのではないかと、直接指摘している。

<国連の演説を聞いていましても、対話よりも圧力ですとか、トランプ大統領と歩調も口調も一つにするような言葉が相次ぎましたけれども、そうした言葉を聞いていますと、逆に危機を煽ってしまうのではないか、危機を招いてしまうのではないかという不安を覚える方も多いと思うんですけれども>

 また最近でも、2018年8月6日放送回では、被曝体験者として国連でスピーチし核禁止条約採択の一助となった藤森俊希氏へのインタビューで<被曝者の方も高齢になっているなかで、情熱をもって伝え続けている。そういった思いを政府も共有していると思いますか?>と質問するなど、被曝体験国として核廃絶へのリーダーシップをとろうとしない安倍政権の姿勢を批判していた。

 そして、小川アナの批判の矛先は、自らの勤めるテレビ朝日にもおよんだ。財務省の福田淳一前事務次官によるテレビ朝日女性社員へのセクハラ問題を扱っていた4月27日放送回で小川アナは、被害に遭った女性社員からの<ハラスメント被害が繰り返されたり、被害を訴えることに高い壁がある社会ではあってほしくないと思います。すべての人の尊厳が守られ、働きやすい社会になることを祈っています>というコメントを代読した後、小川アナ自身も自らの言葉でカメラに向かってこのように語りかけた。

<私も今回の問題を受けて、まわりの女性、男性、色々な人と話をしましたが、想像以上に、その高い壁を感じている人が多いということを知りました。今回の女性社員の訴えからのこの流れを、決して一過性のものにするのではなく、本当の意味で体制や意識が大きく変わる転換点にしていかなければならないと、そして、なっていってほしいと、いち女性としても、テレビ朝日の社員としても、強い思いを込めてこれからもお伝えして参ります>

 このように報道に携わる人間としてあるべき姿を示し続けてきた小川アナだが、そういった称賛されるべき姿勢を貫いたがゆえに、『報道ステーション』を離れざるを得ないかたちになってしまったのは、なんとも悲しい。

 小川アナは10月から、インターネット放送局・AbemaTVの『AbemaPrime』で司会進行を担当する。『AbemaPrime』は月〜金の21時から23時まで放送されている番組で、『報道ステーション』の真裏の番組となる。自由になった小川アナが、これまでの『報道ステーション』視聴者をごそっと奪い去るぐらい骨のある発言をしてくれることを期待してやまない。

(倉野尾 実)

最終更新:2018/10/02 07:15
こんな記事も読まれています

小川彩佳アナのAbemaTV異動、テレ朝上層部が示した降板人事の唖然とする理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

集団左遷!!

TBS/日曜21:00~

銀行員・福山雅治が支店の立て直しに奮闘!

あなたの番です

日本テレビ/日曜22:30~

田中圭&原田知世が交換殺人に巻き込まれる!?

ラジエーションハウス

フジテレビ/月曜21:00~

月9初主演の窪田正孝が天才放射線技師に!

パーフェクトワールド

フジテレビ/火曜21:00~

松坂桃李と山本美月がおくる“王道”ラブストーリー

わたし、定時で帰ります。

TBS/火曜22:00~

吉高由里子が「働き方新時代」のニューヒロインに!

白衣の戦士!

日本テレビ/水曜22:00~

中条あやみ&水川あさみがW主演!

ストロベリーナイト・サーガ

フジテレビ/木曜22:00~

二階堂ふみ&亀梨和也コンビで人気作をリメイク

執事 西園寺の名推理2

TBS/金曜20:00~

 “完璧すぎる執事”上川隆也が帰ってきた!

インハンド

TBS/金曜22:00~

山Pが義手&ドSの天才科学者に!

きのう何食べた?

テレビ東京/金曜0:12~

西島秀俊&内野聖陽のオトナBL・節約グルメドラマ

俺のスカート、どこ行った?

日本テレビ/土曜22:00~

古田新太扮する女装家高校教師が嵐を巻き起こす!?

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

お笑い界にはびこる”闇営業”の実態

カラテカ入江解雇で、芸人たちが戦々恐々!?
写真
人気連載

セレブ作家の苦い過去が映画化

 久しぶりに両親に逢ったら、両親はゴミ...…
写真
ドラマレビュー

『インハンド』シリーズ化は微妙?

 山下智久が寄生虫専門のドSな医学者を演じるドラマ『インハンド』(TBS系)の第9話...…
写真