日刊サイゾー トップ > 芸能  > 永野芽郁、大ブレーク必至!?

NHK朝ドラ『半分、青い。』4作ぶりの大ヒット! ヒロイン・永野芽郁の大ブレークは必至!?

スターダストプロモーション公式サイトより

 NHK連続ドラマ小説『半分、青い。』が9月29日に最終回を迎え、23.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率で有終の美を飾った。全話平均は21.1%で、2016年前期『とと姉ちゃん』(高畑充希主演)の22.8%以来、4作ぶりの大ヒットとなった。

 ストーリー的には、同じ日に生まれた幼なじみの主人公・すずめと、律(佐藤健)が紆余曲折をへて、最終回で愛を誓い合い、ハッピーエンドで幕を閉じた。

 朝ドラは「じぇじぇじぇ」の流行語を生み、社会現象を巻き起こした、13年前期『あまちゃん』(能年玲奈=現・のん=主演)でブームに火がついた。同作以降、平均視聴率が20%を割り込んだのは15年前期『まれ』(土屋太鳳主演)の19.4%のみ。同年後期の『あさが来た』(波瑠主演)以降、6作連続で大台突破となった。

 ただ、20%超えを果たしたとはいえ、16年後期『べっぴんさん』(芳根京子主演)の20.3%以降、17年前期『ひよっこ』(有村架純主演)が20.4%、同年後期『わろてんか』(葵わかな主演)が20.1%とやや低調だった。そんな中、『半分、青い。』は、『とと姉ちゃん』以来の大ヒットといってよさそうだ。

 そうなると、気になるのは、やはりヒロインを務めた永野の今後だ。前作『わろてんか』の葵は、朝ドラ直後に、話題作『ブラックペアン』(TBS系/嵐・二宮和也主演)でヒロインに起用された。作品自体は平均14.3%の高視聴率をマークするなど注目を集めたが、看護師役を演じたヒロイン・葵の存在感は薄かった。

 また、葵は8月に公開された映画『青夏 きみに恋した30日』(佐野勇斗とのダブル主演)で主演し、TBS系列の番組で必死の番宣に臨んだものの、大爆死に終わり、その評価は早くも大暴落してしまった。

「葵や芳根と永野の決定的な差は、絶対的な“演技力”。葵や芳根は典型的な“ルックス先行型”ですが、子役でデビューした永野はまだ18歳とは思えぬ演技力を有しています。すでに、映画界では『ひるなかの流星』(17年)で主演、ヒット作『帝一の國』(同)ではヒロインを務めました。新垣結衣、瑛太がダブル主演した『ミックス。』(同)にも重要な役回りで出演し、大いに評価を高めています。今回、ドラマの世界でも実績をつくったことで、今後は映画、ドラマ、CMなど各界から引っ張りだこになるのは間違いないでしょう」(芸能プロ関係者)

 永野は、葵と同じスターダスト・プロモーションの所属タレント。葵の売れ方の“失敗例”に学んで、永野の演技力を生かせるような“仕事”をチョイスして、葵と同じ轍は踏まないようにしてほしいものだ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/10/02 17:00

NHK朝ドラ『半分、青い。』4作ぶりの大ヒット! ヒロイン・永野芽郁の大ブレークは必至!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

小倉優香、ダイエット成功で意欲

 4月、小倉優香がインスタグラムで美しく割れた腹筋と共に2年越しのダイエット成功、そ...
写真