日刊サイゾー トップ > 芸能  > 三浦翔平が脱“要注意人物”に! 

三浦翔平が脱“要注意人物”に! 桐谷美玲との結婚を機に丸くなりすぎ!?

【校正待ち】三浦翔平が脱要注意人物に! 桐谷美玲との結婚を機に丸くなりすぎ!?の画像1
三浦翔平 公式インスタグラム(@shohei.63)より

 女優の桐谷美玲が9月25日の放送をもって報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターを降板した。同番組では村尾信尚キャスターが9月いっぱいで降板、10月からは元NHKの有働由美子アナがメインキャスターに就任し、大幅リニューアルを遂げることとなった。桐谷の降板は事前に発表されていなかったものの、業界内では「予感」があったという。

「桐谷は今年7月に三浦翔平と結婚し、仕事をセーブしたいという思いがあったと言われています。近いうちに妊娠もありうるのかもしれません」(テレビ局関係者)

 そんな桐谷の一方で、近頃は夫の三浦翔平にも変化が見えてきたという。別のテレビ局関係者はこう話す。

「三浦というと、若手俳優の中ではかなり“トンガッている”印象で、スタッフに愛想を振りまくようなこともなかったんですよ。取材をしても、あんまり答えてくれないし、グラビア撮影でも笑わないしで、要注意人物だったんです。でも、桐谷との交際が報じられたあたりから、徐々に周囲のスタッフにも優しく接するようになって、いまとなってはかつてのトンガリっぷりがウソのように、ものすごくいい人になっているようです」

 どうやら結婚をして幸せになったことで、性格が丸くなった三浦。ただ、相手が桐谷美玲だったということも、大きなファクターだったようだ。

「三浦の態度が悪いというのは少なからず業界内では知れ渡っていたのですが、夫なそんな感じだと、妻である桐谷の評判も悪くなってしまうわけです。三浦としては、妻の足を引っ張ることはできないという思いもあって、“改心”したのでしょうね。さらに新しい家族ができるかもしれないとなれば、悪態をついて仕事を減らしている場合ではないですしね」(同)

 桐谷は、所属するスウィートパワーの稼ぎ頭だ。そんな桐谷が仕事をセーブするとなればスウィートパワーにとっては大きな痛手となりかねない。

「スウィートパワーとしてみれば、桐谷には結婚してほしくはなかったでしょう。いわば三浦は無理をいって桐谷と結婚させてもらったということなんです。結婚を許してくれたスウィートパワーに対する義理を通すという意味でも、三浦は心を入れ替えたのかもしれません」(同)

 三浦が丸くなってバリバリ働けば、夫婦仲も安泰といったところだろうか。

最終更新:2018/10/02 19:30
こんな記事も読まれています

三浦翔平が脱“要注意人物”に! 桐谷美玲との結婚を機に丸くなりすぎ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...
写真