日刊サイゾー トップ > 芸能  > 酒井法子「地上波復帰」再び遠のく

酒井法子、今度は“金銭トラブル”で訴訟沙汰……またまた遠のく「地上波復帰」への道

オフィス ニグンニイバ公式サイトより

“完全復活”できそうで、なかなかできないのが酒井法子だ。2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕されてから来年で10年になるだけに、これまで叶わなかった地上波テレビ復帰もそろそろ視野に入れたいところだが、金銭トラブルが浮上し、暗雲が垂れ込めている。

 実は、酒井は“育ての親”ともいえる恩人が経営する会社に訴えられているという。この恩人とは、酒井の継母の40年来の知人で、夫だった高相祐一氏が逮捕された際、彼女が出頭するまでの間、匿っていた人物。釈放後も、マスコミ対応や告白本の出版、生活費の工面や住居の世話など、公私にわたって彼女を支援してきた。

「それどころか、酒井は10代の頃からその恩人の世話になっていたそうです。ただ、その人物が6年前に亡くなって、息子さんが会社を継いでから、酒井は会社と疎遠になり、なんらかのトラブルが発生したようです。覚せい剤という過ちを犯してしまったとはいえ、10年は長すぎる禊なので、来年は本当に地上波復帰のチャンスだったのですが、これでわからなくなってきました。トラブルメーカーの烙印を押された格好です」(芸能ライター)

 懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を受けた酒井は、執行猶予が明けた12年に芸能界へ復帰。もともと人気が高かったアジア圏では事件の影響を感じさせず、今年1月に香港で行われたコンサートは満員御礼。メディアへの露出はまだまだだったものの、全国各地でイベント出演やディナーショーをこなすなど、精力的に活動している。経済的にも潤っているようで、前事務所のサンミュージックが肩代わりしていた逮捕による損害賠償金5億円も完済間近だという。芸能界復帰の道を着々と歩んでいるようにも思えるが、それでも地上波復帰のハードルは高かった。

「これまでにもチャンスはあったのですが、その度に不運が襲い、復帰がままならなかったのです。最初のチャンスは14年。酒井が出演した映画『空蝉の森』が公開予定だったのですが、製作会社が倒産したため、現在まで未公開です。また、デビュー30周年を迎えた16年は、完全復活の最大のチャンスでした。写真集やDVDを収めたデビュー30周年記念ボックス『30th Anniversary BOX』(ワニブックス)も発売され、記念コンサートでは膝上20センチの超ミニスカートという過激衣装を披露するなど、本人もやる気十分でしたが、同じ年に元夫の高相氏が逮捕されるという不運。同時期に歌手のASKAが薬物で逮捕され、俳優の成宮寛貴のコカイン疑惑が重なったことも、酒井の復活の機運に水を差しました。そして、ようやく“三度目の正直”というところで、今回の金銭トラブルですからね。つくづく運がないと言うしかありません」(同)

 度重なる不運は気の毒なような気もするが、元はといえば酒井自身が招いたもの。自業自得と突き放すのは、少々冷たすぎるか?

最終更新:2018/10/07 08:00
こんな記事も読まれています

酒井法子、今度は“金銭トラブル”で訴訟沙汰……またまた遠のく「地上波復帰」への道のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...…
写真