日刊サイゾー トップ > スポーツ > 大相撲  > 貴乃花引退の夜、芝田山親方が大モメ

貴乃花親方引退の夜、相撲協会広報・芝田山親方は「わだ家」で大モメ!?

芝田山部屋 公式ホームページより

 角界を引退した貴乃花親方の前に最後まで立ちはだかったのが、日本相撲協会の広報部長・芝田山親方(元横綱大乃国)だ。

 先月25日に貴乃花親方の代理人から「退職届」でなく「引退届」が提出されたうえに、貴乃花部屋の力士らの「所属変更願」には、受け入れ側の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の署名、押印がなかったため、いずれも受理しなかった。

 同27日に改めて転籍届が提出されたが、原本のコピーにサインしたものだったため、原本の提出を求めて再び差し戻されている。

 芝田山親方は「貴乃花さんが“引退届”と呼んでいるものに二重線を引っ張って“退職届”とするだけでもいいのに、同じものと考えるよう上申書を送ってきた」とグチ。続けて「テレビでコメンテーターが好き勝手なことを言っているじゃないですか。すぐ『公益法人なのに』とか、『ガバナンスとかコンプライアンスとか、ただ使っているだけじゃないか』とか言っているけど、そうじゃない。公の団体だからこそ、順序よく書類は出してほしい」と口を尖らせた。

 ゴタゴタの最中には、某写真週刊誌との間で大モメしていたという。

「先月末のことです。大物歌手・和田アキ子がオーナーを務める東京・銀座の『わだ家』に芝田山親方がやって来たそうで、情報を聞きつけた週刊誌のカメラマンがその様子を激写した。これに気付いた親方は激怒し『フィルムを出せ!』『警察を呼ぶぞ!』とカメラマンに猛抗議したそうです。店内では怨敵である貴乃花親方を追い出すことに成功し、終始上機嫌でしゃぶしゃぶをほおばっていたそうですから。週刊誌に載ったらヤバイと思ったんじゃないんですか」(相撲担当記者)

 かつて「スイーツ親方」としてお茶目な一面も披露していた芝田山親方だが、その頃の面影はもはやないようだ。

最終更新:2018/12/17 19:04

貴乃花親方引退の夜、相撲協会広報・芝田山親方は「わだ家」で大モメ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...
写真