日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 品川祐にかつてのスタッフが仕返し!?

品川祐、好感度上がっても仕事増えず……イジメられたかつてのスタッフが、再ブレークを阻止!?

品川祐公式インスタグラム(@shinashina0426) より

 4日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、「ありがとう品川」と題して、品川庄司の品川祐に感謝している芸人が集結。かつて“嫌われ芸人”といわれた品川の「実はいい人」エピソードを次々と披露する展開となった。

「若手時代はトンガっていましたが、今はネタでもなんでもなく、本当に円くなっています。後輩芸人の相談にも乗るし、若手の番組をチェックしてアドバイスもする。さらには後輩からのきついイジりにもちゃんと対応するなど、本当に“いい兄さん”になっています」(お笑い関係者)

 そんな品川だが、仕事は増えないまま。レギュラー番組もなく、1週間丸々仕事がないこともあるという。

「もともと交友関係も幅広いし、しかも最近は好感度も上がっているということで、仕事なんていくらでもありそうなもの。芸人仲間からの推薦もあるだろうし、芸人以外のタレントからの推薦もあるはず。もちろんバラエティーでのスキルは申し分ないし、クイズ系もいける。それなのに仕事が全然ないというのは、ちょっと不思議ではあります」(同)

 しかし、あるテレビ関係者は、品川に番組からの出演オファーが来ないのは「当然のこと」と話す。

「バラエティー番組のスタッフの間では、品川さんの評判は今でも悪いままですよ。特に品川さんが若手時代のいちばん天狗だったころ、ADなどの下っ端スタッフを相当いびっていたようで、そんなスタッフたちは、今でも根に持っているとか……」(同)

 天狗だった時期の品川の態度がかなり悪かったことは、業界内では有名な話だという。

「打ち合わせでスタッフを無視したり、嫌がらせのようにむちゃ振りしたり、本当にひどかった。そして、そのころ品川さんがイジメていたスタッフが、今ディレクターとかプロデューサーの立場になっているんですが、いまだに許していないから、どんなに品川さんが改心しても、絶対にブッキングしないというのです。当時のツケが回ってきているということですかね」(同)

 芸人仲間たちが今の品川の後押しをしたいと思っても、テレビ局側がそう簡単には受け入れないという悲しい現実があるのだ。品川が再ブレークするには、かつていびっていたスタッフたちが現場から離れるくらい偉くなるのを待つしかないのかもしれない!?

最終更新:2018/10/10 08:00
こんな記事も読まれています

品川祐、好感度上がっても仕事増えず……イジメられたかつてのスタッフが、再ブレークを阻止!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...…
写真