日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里の“芸能界復帰”は可能?

セクシー女優に転向した坂口杏里、夢の“芸能界復帰”を叶えるには?

坂口杏里のインスタグラム(@anridayo33)より

 10月6日に元タレントの坂口杏里がインスタグラムを更新。“芸能界復帰”に意欲を見せ話題になっている。

 坂口は10月5日、平成ノブシコブシ・徳井健太のイベント「徳井と話す 2」に出演。翌6日にインスタグラムで、「芸能活動引退して、フリーで活動し、人前に出る事が1年以上ぶりくらいでした! とっても楽しかった! むかーしからのファンの方、女の子のファンの方も、ありがとうございました」と率直な思いを綴った。

 続けて彼女は、「徳井さんとのフリートークでもお話したんですが、私はやっぱり芸能活動をちゃんとしてた、自分の中でキラキラしていた頃の自分に戻りたい。って素直に感じました。もう一度、復帰が出来るならしたい。と、強く思いました」と告白。タレントとして輝いていた頃の自分に思いを馳せている。

「坂口は2000年代後半に芸能界デビュー。女優・坂口良子さんの娘ということもあり、2世タレントとして注目を集めました。2016年には『ハニー・フラッパーズ』で初めて映画主演に抜擢。しかしその後は、かなり波乱万丈な道をたどっています。まず2015年に、交際が報じられていた小峠英二と破局。2016年には芸能事務所『アヴィラ』を退社し、セクシー女優に転身しました。前向きに仕事をしていたようですが、2017年にホストから現金を脅し取ろうとしたとして“恐喝未遂”で逮捕。また最近は、“デリヘル”で働く彼女の姿も目撃されています」(芸能ライター)

 坂口の“芸能界復帰”は現実的に可能なのか。ネット上では「地雷すぎて使ってくれる番組がなさそう」「どう考えても無理でしょ」「あのベッキーですら一回の不倫報道で干されてるのに、坂口杏里が戻れるとは思えない」と厳しい声が上がっている。

「一方で『エピソードトークには需要がありそう』という意見も見かけます。最近では地上波以外にも『AbemaTV』など様々な活躍の場があるので、表舞台に出れる可能性はあるのではないでしょうか。また『恵比寿 マスカッツ』のメンバーのように、アイドル的な人気を博しているセクシー女優は少なくありません。“セクシー女優=ヨゴレ”というイメージは、払拭されつつあるように思います」(同)

 いろいろと非凡な人生を送ってきた坂口杏里。“テレビ”にこだわらなければ、まだまだ輝けるかもしれない!?

最終更新:2018/10/10 23:00
こんな記事も読まれています

セクシー女優に転向した坂口杏里、夢の“芸能界復帰”を叶えるには?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真