日刊サイゾー トップ > 芸能  > 後藤真希“ママタレ需要”完全消滅!

後藤真希「甥とお風呂は普通」再言及で“ママタレ需要”完全消滅!

後藤真希 公式インスタグラム(@goto_maki923)より

 わざわざ蒸し返さなくても……。

 10月7日、元モーニング娘。の後藤真希が初の語り下ろしエッセイ『今の私は』(小学館)の発売記念イベントを都内で開催した。

 後藤といえば、9月26日に出演した『今夜くらべてみましたSP』(日本テレビ系)の中で、12歳年下の甥で俳優の勧修寺保都と、彼が17歳になるまで一緒にお風呂に入っていたと告白したことが波紋を広げている。

「幼少期から親子同然の距離感でかわいがってきたフランクな関係だといい、キスやハグのスキンシップも当たり前。『今でも(風呂に)入れますね!』と、あっけらかんと語ったことで、ネット上ではドン引きコメントが連打されました」(芸能ライター)

 イベントで、そのことについてツッコまれた後藤は「あれ、結構誤解があると思うんですけど!」と爆笑。「お風呂でチューしていたとかではなくて、普通に会ったら、“ああ久しぶり! チュッ!”みたいな」「例えば、お姉ちゃんのダンナさんとか、そういう間柄の関係性では、(一緒にお風呂に)入らないですし、見せないですよ。だけど、姉の子どもって本当にミルクを飲んでいるときからずっと一緒にいるので、もう平気と言いますか。お互いに意識はしていないですね」と、甥との関係性を説明。「たぶん、この発言が“普通”ではないのでしょうね。だけど、わりと後藤家では“普通”かな」と続けた。

 これには、再びネット上がざわつく事態に。「普通ではなく異常です」「キモイおばさん」「オエー」「そういう芸風で売っていくのね。了解。気持ち悪いわ」と改めてネガティブな印象を持たれてしまった形だ。

「現在、子育て中の後藤は『ママタレを求められれば頑張りたい』と意欲を見せていましたが、一連の『お風呂発言』でイメージダウンは免れない。地元愛が強く、番組で紹介した行きつけスーパーのメンマが売り切れるなど影響力は健在で、“庶民派ママ”としてのポジションが期待されていただけに、残念ですね」(女性誌記者)

 ファンにとって、「今のゴマキ」は受け入れ難くなってしまったようだ。

最終更新:2018/10/11 20:00

後藤真希「甥とお風呂は普通」再言及で“ママタレ需要”完全消滅!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真