イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

元貴乃花親方ファミリーがお騒がせ中!

元貴乃花親方と景子さんは離婚、優一はパワハラ騒動…一体どうなってるの!?
写真

人気連載

瓜田純士『ゴッドカウンセラー』って!?

自らを神と名乗る瓜田純士(39)が、 YouTu...…
写真

ドラマレビュー

錦戸亮『トレース』は“胸キュン”ドラマ!?

 2019年1発目の月9ドラマ、『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が1月7日...…
写真


 >   > 業界評低下の松田翔太、他の俳優は?

「カメラを止めるな?」演出止めて評判ガタ落ちの松田翔太、ほかの俳優の場合は?

オフィス作 公式サイトより

 俳優の松田翔太の評判を「デイリー新潮」が報じている。松田といえば、伝説の名俳優・松田優作を父に持ち、兄は同じく俳優の松田龍平である。現在放送中のNHK大河ドラマ『西郷どん』では、江戸幕府最後の将軍である徳川慶喜役を好演している。

 松田は撮影の場面では監督に演出面で口出しし、時に撮影を止めてしまうこともあるという。演技へのストイックさは父親譲りともいえるが、こうしたタイプの役者は敬遠されがちだ。特に、演出は監督の領域と考える人間とは折り合いが悪い。

「演出を重んじる監督としては、北野武が知られていますね。北野監督が役者に求める要素は、とにかく脚本と演出通りに動いてくれる人です。そのため、映画出演を求めての役者からのアピールなども嫌うそうです。『Dolls』(2002年)に出演した菅野美穂は、自ら演技のやり直しを要求して、監督の不興を買い、以来、北野映画への出演はかなっていません」(芸能ライター)

 菅野を擁護するなら、役者としての熱心さの表れともいえる。一方で、あの名俳優は菅野以上にやっかいなようだ。

「寺尾聰ですね。寺尾はもともと石原裕次郎率いる石原プロモーションに所属していましたが、営業方針をめぐってトラブルを起こしています。6枚目のシングル『ルビーの指環』のヒットを受けてのコンサートツアーで、チケットを買えないファンがいたにもかかわらず、マスコミ取材の席が多数用意されていたことに激怒したとか。ファンを思っての行動だったことは確かですが……。また、俳優活動で言えば、出演作については脚本や演出はもちろん、プロモーションにまで口を出すともいわれています。気難しさはある人でしょうね」(同)

 よくいえばこだわりが強いともいえるが、今はやりの映画のタイトルを借りれば、『カメラを止めるな!』が、スタッフの本音ではないだろうか。

(文=平田宏利)

こんな記事も読まれています

「カメラを止めるな?」演出止めて評判ガタ落ちの松田翔太、ほかの俳優の場合は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲