日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木保奈美の“最悪の黒歴史”

織田裕二と27年ぶり共演で話題! 鈴木保奈美が隠したい“最悪の黒歴史”とは!?

フジテレビ公式ホームページより

『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)以来、27年ぶりとなる織田裕二と鈴木保奈美の共演が話題になり、月9ドラマ『SUITS/スーツ』が初回視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という好調なスタートを切った。

「鈴木は10月期、NHK・BSプレミアムの主演ドラマ『主婦カツ!』にも出演中。2011年のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で本格的に女優復帰を果たし、16年の『ノンママ白書』(フジテレビ系)で18年ぶりのドラマ主演と、順調にポジションを回復。52歳となった今、女優として再ブレイクを果たした格好です」(ドラマ関係者)

 今後も話題作品への出演が続きそうだが、そんな鈴木の芸能人生には、恥ずかしい黒歴史がある。

「『東京ラブストーリー』を手掛けたフジのドラマプロデューサー・大多亮や、江口洋介らと浮名を流しながら、1994年にF1解説者の川井一仁氏と結婚するも、97年に離婚。翌98年、とんねるずの石橋貴明と番組共演をきっかけに交際を始めると、すぐ妊娠。すでに撮影を終えていた映画『いちげんさん』(2000)を最後に芸能界を引退しましたが、同作では外国人俳優を相手に大胆ヌードを披露。激しい濡れ場を見せましたが、そのバストは乳首の長い“残念おっぱい”として、映画ファンの記憶に刻まれることとなってしまいました」(映画ライター)

 なんともひどい言われようで気の毒でならないが、この乳首以上に恥ずかしいと思われる、こんな過去もある。

「彼女のデビューのきっかけは、84年の『ホリプロスカウトキャラバン』で審査員特別賞を受賞したこと。86年に女優デビューを果たし、90年代にかけてトレンディドラマへの出演を通じ人気女優へと成長していきました」(芸能関係者)

 問題は、鈴木が出場した84年の『スカウトキャラバン』にある。

「グランプリを獲得したのがあの井森美幸だったということは、鈴木にとって最大の黒歴史でしょう。課題の振付を踊るもへっぴり腰でリズムはメチャクチャ、抱腹絶倒の面白ダンスになってしまった。鈴木はそんな井森に負けてしまった。これは屈辱でしかないはずです」(同前)

 だが、グランプリを獲っていたら、ゴリゴリのアイドルとしてキャリアをスタートさせることとなり、『東京ラブストーリー』と出会うこともなかった可能性もあるだけに、結果オーライということか。

 しかし、あの井森に負けたのは、やはり恥ずかしい過去なのかも!?

最終更新:2018/10/15 09:55
こんな記事も読まれています

織田裕二と27年ぶり共演で話題! 鈴木保奈美が隠したい“最悪の黒歴史”とは!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真