日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『リーガルV』米倉涼子がキムタク化

『リーガルV』米倉涼子、“木村拓哉化”で着せ替え役者の仲間入り 『ドクターX』の魔力に抗えず

 さて感想。主演・米倉涼子×テレビ朝日の木曜21時枠×企画にオスカープロモーションの古賀誠一氏が参戦ということで、制作が発表された時は、大ヒットシリーズ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(同)の設定そのままに舞台を法廷に移し替えただけなのだろうな、と予想しました。

 ところが、大門がフリーランスのスーパー外科医という設定だったのに対し、今回の小鳥遊は弁護士資格を剥奪されたため法廷では何もできず、代わりに部下たちを駒として使う、ということが発表されると、『ドクターX』とはまったく異なる路線になるのではないか、米倉の新たな代表作になるのではないかと期待が高まりました。

 しかし結論からいってしまえば、『ドクターX』のデジャブ感が強く感じられ、米倉は大門にしか見えませんでした。というよりも、“他人に媚びない勝ち気な米倉涼子”に別の役を着せ替えただけ。木村拓哉がどの役に挑んでも同じに見えてしまうのと一緒です。

 わざわざ珍しい苗字・小鳥遊(たかなし、と読む)にしたり、鉄道マニアだったり高級ブランド好きだったりと、キャラ付けに必死になればなるほど、見てるこちらとしては逆に大門の存在を意識させられてしまうんですよね。

 しかも、せっかく米倉を大門のイメージから引き離そうとしているのに、脇役たちが『ドクターX』とまったく同じ記号にされちゃってるんですよ。恩師の京極について事務所入りしたヤメ検弁護士・大鷹高志役の勝村政信は、『ドクターX』で大門にいつも噛みつく加地秀樹そのままの役どころ。君島化学へ損害賠償を請求しに行った時の京極は、大門の高額な手術料を取り立てに行く時の神原晶(岸部一徳)を高橋が演じているだけにしか見えませんでした。

『ドクターX』から離れようとしたものの大ヒット作の魔力には抗えず、制作陣が無意識に引き寄せられてしまった、という感が否めません。そしてその結果、凡作になってしまったようです。

 ネット上では、米倉が大門のイメージを払拭するために『ドクターX』の続編を拒否しただとか、今年5月に「女性セブン」(小学館)によって脳神経外科に緊急入院したことが報じられた岸部一徳の出演見送りで別ドラマになっただとかさまざまなウワサがありますが、それならばコンセプトもキャラもまったく異なる作品が見たかったな、というのが率直な意見です。ただ、まだ初回なので、次回から方向転換があることを期待しつつ放送を待ちたいと思います。

(文=大羽鴨乃)

最終更新:2018/10/12 19:30
12
こんな記事も読まれています

『リーガルV』米倉涼子、“木村拓哉化”で着せ替え役者の仲間入り 『ドクターX』の魔力に抗えずのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真