日刊サイゾー トップ > 芸能  > 米倉涼子『ドクターX』嫌いは継続中

米倉涼子『ドクターX』嫌いは継続中……すでに『リーガルV』続編が決定済み?

テレビ朝日系『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』 番組公式サイトより

 さすがは“失敗しない女”だ。

 10月11日にスタートした米倉涼子主演のドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』(テレビ朝日系)の初回平均視聴率が15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 米倉主演の大ヒットドラマ『ドクターX』シリーズと同枠で放送された今作は、米倉演じる資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊翔子が、弱小弁護士らを率いて大手弁護士事務所を相手に勝訴に向かって突き進んでいく物語。8日に放送された織田裕二主演のフジテレビ月9ドラマ『SUITS/スーツ』の初回視聴率14.2%を上回る好発進となった。

「『ドクターX』の色が付くことを嫌った米倉は、『(ドクターXは)忘れてもらいたいんです』と語り、大門未知子のイメージを払拭するように“人生最短”のショートカットにイメチェン。女性誌のインタビューでは『視聴率が悪かったら脱ぐかも』と言い切るほど、今作に賭けています。高視聴率で脱ぐ可能性がなくなったのは残念でしたが(笑)」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、テレ朝サイドの本命はあくまで『ドクターX』の続編制作。『リーガルV』が高視聴率といっても、『ドクターX』シリーズの初回視聴率は第1シリーズの18.6%を除けば、いずれも20%超えとなっている。それでも米倉は『ドクターX』を頑なに拒否しているという。テレビ関係者が耳打ちする。

「テレ朝サイドとは、『リーガルV』の視聴率が良かろうが悪かろうが、シーズン2までは制作するという約束が交わされているといいます。その代わり、『ドクターX』では1本500万円とされる米倉のギャラは、『リーガルV』では300万円に減額されている。一刻も早く『ドクターX』の新シリーズに取り掛かってもらいたいテレ朝ですが、米倉にヘソを曲げられては困るため、この条件を飲んだといいます」

 もっとも『リーガルV』は、医者が元弁護士に代わっただけで、『ドクターX』とはほとんど変わらないとの指摘もあるだけに、視聴者としては面白ければどっちでもいい!?

最終更新:2018/10/16 16:00

米倉涼子『ドクターX』嫌いは継続中……すでに『リーガルV』続編が決定済み?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真