日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小池徹平、熱愛報道も話題にならず

小池徹平、元相方との“格差”が拡大中……熱愛スキャンダルでも炎上しなくなってしまう

小池徹平 公式インスタグラム(@teppei.koike_official)より

 10月16日発売の「FLASH」(光文社)が小池徹平の熱愛をスクープ。何かと荒れがちなイケメン俳優のスキャンダルだが、女性ファンからも祝福の声が上がっていた。

 同誌によると、お相手は心理カウンセリングスペシャリストの資格を持つ女優・永夏子。取材を受けた芸能プロ関係者は、「3歳年上の女優で、舞台を中心に活躍中だ。自然やアウトドアが好きなことで意気投合。同棲はしていないが、互いの家はすぐ近く。交際期間は3年ほどだと聞く」とコメントしている。

 さらに「FLASH」は小池を直撃。「永さんとの結婚は?」という質問に、「今のところは、ないですね」と答えていた。そして「つき合ってはいる?」と聞かれた彼は「はい」と回答。あっさりと交際を認め、ネット上では「堂々としてて清々しい!」「すごい好感が持てる受け答え」「応援したくなるカップル」といった称賛の声が上がっている。

「幼めのルックスで人気を博した小池も今年で32歳。結婚はまだ考えていないということですが、大人同士の交際として温かく見守る人も多いようです。しかし一方で、ネット上では『そもそも熱愛を嘆くようなファンがもういないのでは?』『この人最近なにしてるの?』『ウエンツだったら燃えてた』といった指摘も。かつて小池はウエンツ瑛士と『WaT』というユニットを組んでいましたが、解散後もウエンツはバラエティー番組などで大活躍。一方で小池はテレビで見ることが少なくなり、一部の間では“干されている”などともささやかれてきました」(芸能ライター)

 元相方であるウエンツとの“格差”を取りざたされがちな小池。しかし彼は現在でも、“舞台俳優”として大活躍しているという。

「小池は2013年に『メリリー・ウィー・ロール・アロング ~それでも僕らは前へ進む~』という作品でミュージカルに初挑戦。公開舞台稽古で演出・振付の宮本亜門が、彼のことを『役者としても面白いし完璧』と絶賛していました。その後も『1789 -バスティーユの恋人たち-』で帝国劇場の舞台に立つなど、着々と経験を積んでいった印象。2019年もブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』再演が決まっており、三浦春馬とのW主演で舞台を盛り上げます」(同)

“舞台俳優”としてはウエンツの一歩先を言っている小池。プライベートでも、ウエンツより先に“ゴールイン”してしまうかもしれない。

最終更新:2018/10/16 19:00
こんな記事も読まれています

小池徹平、元相方との“格差”が拡大中……熱愛スキャンダルでも炎上しなくなってしまうのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真