日刊サイゾー トップ > 芸能  > キスシーンがエロかったドラマ

『けもなれ』の新垣結衣&田中圭だけじゃない! キスシーンが「エロい」と話題になったドラマ3選

「レプロARTIST」公式Twitter(@lespros_artist)より

 10月17日に放送されたドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で、新垣結衣と田中圭がキスシーンを披露。ネット上で「とにかくエロかった」と注目を集めている。

 2人は雨が降る中、カフェの店先でそっとキス。一旦くちびるを離したが、すぐにまたキスを再開した。2回目のキスはお互いを確かめるかのように、大人なキスをおよそ10秒ほど披露している。2人とも手には荷物を持っており、くちびる以外はほぼノータッチ。このキスシーンを見た視聴者からは、「田中圭とガッキーのキスシーンで、ここ最近の疲れが一気に飛んだ」「生々しくてエロいキスだったなぁ……」「どんなAVより刺激が強かった」「今すぐ俳優になって俺もガッキーとキスしたい」といった声が上がっていた。

 今回は『獣になれない私たち』のように、キスシーンがエロいと話題になったドラマを紹介していこう。

 

●『失恋ショコラティエ』

「ホリプロ」公式サイトより

 2014年1月期に放送されていたドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)。同作では石原さとみと嵐・松本潤がキスシーンを披露し、「完全にAVじゃん」と話題になっていた。

 作中で石原と松本は何回もくちびるを交わしているが、特に反響が大きかったのは第8話。スマホを探していた爽太(松本)は、シャワーを浴びたばかりでタオル一枚のサエコ(石原)がスマホを持っていることに気づく。そのまま見つめ合った2人は、サエコが爽太の首に腕を回したのを合図に情熱的なキスを開始。爽太はサエコを押し倒し、首筋にキスをしていった…。

 なんともアダルティなキスに、視聴者からは「石原さとみがエロくてめちゃくちゃセクシーだった」「衝撃的すぎるし、エロすぎるでしょ! ガチすぎる」といった声が続出。ドラマの実況ツイートをしていたゴールデンボンバーの歌広場淳はこのシーンで、「携帯の録画モードオンしとけ爽太!!!」と興奮気味につぶやいていた。

 

●『大奥』

「avex management」公式サイトより

 2016年1月に放送されたスペシャルドラマ『大奥第一部~最凶の女~』(フジテレビ系)では、沢尻エリカと渡辺麻友がキスシーンを披露。お城の陰でこっそりと行われた女性同士の禁断の口づけに、視聴者からは「最高の気分だ!」「リアルタイムで見たけど、録画でもじっくり見ました」「2人のエロスが滲み出てて最高です」などの声が上がっていた。

 また2人はキスだけでなく、お風呂場で妖艶に体を絡め合うシーンも披露。こちらも「大奥で百合を放送している!」「尊い行為でした」「大奥チラッと見たら、お風呂のシーンだったのでテンションぶち上げ」などと大好評だった。しかし2人の絡みは大きな注目を浴びたにも関わらず、平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)止まり。『大奥』というキラーコンテンツだったが、視聴率は伸び悩んで大コケしている。

最終更新:2018/10/22 19:00
こんな記事も読まれています

『けもなれ』の新垣結衣&田中圭だけじゃない! キスシーンが「エロい」と話題になったドラマ3選のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真