日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里“復帰”に冷ややか目線

坂口杏里“芸能界復帰”に冷ややか目線「芸能界をナメているとしか思えない」

坂口杏里のインスタグラム(@anridayo33)より

 元タレントの坂口杏里が、芸能界復帰へ向けて動き始めた。坂口は20日に更新した自身のTwitterで、「坂口杏里の芸能復帰までの道のり」と題したイベントを12月4日に東京・下北沢のライブハウスで開催することを告知。本人は「また復帰の一歩に近づいています」とアピールするのだが……。

「まあ、難しいでしょうね。そもそも、坂口はなぜ自分が芸能人になれたのか、わかっているのでしょうか? 2013年に死去した女優の坂口良子が母親だったからという“親の七光”があったからこそ、芸能人として活動できたわけです。にもかかわらず、ホストにハマって母親の遺産を使い果たし、金銭的に困窮した揚げ句、AV女優に転身して自らタレントをやめてしまいました。現状がつらいから芸能界に戻りたいといっても、なんの取りえもなく、母親の後ろ盾もない状況では無理でしょう。芸能界の仕事をナメているとしか思えません」(芸能ライター)

 坂口は、5日に開催された平成ノブシコブシの徳井健太によるトークイベントにゲスト出演。約1年ぶりに表舞台に立ったこともあって、一度は捨てた芸能界が恋しくなったのだろうか。インスタグラムで、「私はやっぱり芸能活動をちゃんとしてた、自分の中でキラキラしていた頃の自分に戻りたい。って素直に感じました。もう一度、復帰が出来るならしたい。と、強く思いました!」と、芸能界復帰への意欲をつづっていた。

「坂口は現在も風俗嬢をしていて、東京・渋谷の『デリヘル東京』に勤務しているそうです。店のホームページによると、彼女の料金は60分20万円と超高額。芸能界からAVへ転向して以降の坂口はキャバクラ嬢や風俗嬢など、職を転々としています。これを“転落”と位置づける向きもあるかもしれませんが、職業に貴賤はないので、仕事として全うできていればいいわけです。しかし、彼女が問題なのは、どの仕事ひとつ取っても長続きせず、途中で放り出している点。ストリッパーを目指しながら、デビューを前にドタキャンしたこともありました。今回、仮に芸能界に復帰できたとしても、なんらかのトラブルを起こして、やっぱりうまくいかないと思います」(同)

 こうした坂口の復帰願望に対して、ネット上では厳しい声が相次いでいるが、彼女は「夢や目標を見る事はいけないことなんですか?」と逆ギレ。しかし、“夢や目標”というと聞こえはいいものの、これまでの行いを見れば、ただの我欲にすぎないのは明白だろう。いい加減に目を覚まして、草葉の陰の母親のためにも、地に足の着いた人生を歩んだらどうか。

最終更新:2018/10/24 06:00
こんな記事も読まれています

坂口杏里“芸能界復帰”に冷ややか目線「芸能界をナメているとしか思えない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真