日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 巨人コーチに元木大介 清原の胸中は

プロ野球・巨人コーチに“コバンザメ”元木大介が就任……「べったりだった」清原和博の胸中は?

元木大介のインスタグラム(@motoki_daisuke)より

「あの人が今、何を思うか……」

 そう語るのは球界関係者だ。

 読売ジャイアンツが23日、来季のコーチングスタッフを発表。監督には過去7度のリーグ優勝、3度の日本一に導いた原辰徳氏が就任した。一軍コーチ陣には新たに、宮本和知氏、水野雄仁氏が投手部門を務め、後藤孝志氏が打撃コーチ、元木大介氏が内野守備兼打撃コーチ、鈴木尚広氏が外野手守備走塁コーチ、相川亮二氏がバッテリーコーチに就く。また、今季限りで現役引退を発表した杉内俊哉氏がファーム投手コーチ、村田修一氏がファーム打撃コーチに就く。

 往年の名選手で固めた布陣だが、中でも注目は内野守備兼打撃コーチの元木氏だ。スポーツ紙の野球担当記者の話。

「マスコミの間で元木は“感じの悪い”男で有名。挨拶に来た記者の名刺をその場で投げ捨てることなんて日常茶飯事。現役時代は練習嫌いで知られ、試合でも内野フライが上がったら一塁までまともに走ろうともしない。野球センスはピカイチなのですが……」

 そんな元木氏のコーチ就任について、冒頭の「あの人」が不快感をあらわにしているという。

「清原(和博)ですよ。現役時代、元木は“番長”にベッタリで、子分であることを自認していた。ところが、引退後の清原に“良からぬウワサ”が流れ始めると、途端に距離を置き始め、2016年に清原が覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けると、アカの他人を装った。清原の逮捕についてテレビ局からコメントを求められても『全然知らないんで……』と拒否。そうした元木の態度に清原は怒り心頭だったそうです」(前出球界関係者)

 元木は23日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)でも、清原について「(長嶋)一茂さん、清原さん、松井(秀喜)は謎だった。食事にワーって行く感じではない」と説明。MCの有吉弘行から「清原さんとは、べったりじゃないんですか?」と聞かれると、「いや、違いますよ」と即座に否定した。スポーツ紙記者によれば、元木氏の前で「清原」の二文字はNGワードという。

 時流に乗って巨人軍のコーチに抜擢された元木氏と、いまだ転落人生を歩む清原氏。なんとも無情なコントラストだ。

最終更新:2018/10/25 17:00
こんな記事も読まれています

プロ野球・巨人コーチに“コバンザメ”元木大介が就任……「べったりだった」清原和博の胸中は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...
写真