日刊サイゾー トップ > 芸能  > 織田裕二“高級スーツ”の線引きは?

『SUITS/スーツ』織田裕二にとっての“高級スーツ”はいくらから?「3万円台から購入可能な……」

フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

「高級スーツ」とは、いったいいくらから?

 織田裕二が主演を務める、フジテレビ系月9ドラマ『SUITS/スーツ』が好調だ。10月22日放送の第3話平均視聴率が10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。3週連続で2ケタをキープしている。

『SUITS/スーツ』は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』の第1シーズンが原作。織田演じる敏腕弁護士・甲斐正午と、Hey! Say! JUMPの中島裕翔演じる“完全記憶能力”を持つ天才フリーターがバディーを組み、難しい訴訟をさまざまな手段で解決していく物語だ。

「『SUITS』のタイトルは、文字通りスーツを着たビジネスマンたちを表しています。そのため、物語の随所で織田が『このスーツいくらすると思う?』といったスーツを強調するシーンが登場。しかし、『suit』には『訴訟』という意味もあり、どちらかといえば、こちらのほうが由来としてはしっくりきます」(テレビ誌ライター)

 そんな中、劇中で織田が中島に対して「その喪服(スーツ)だけど、二度とそんな安物着てくるな」と言い放つシーンが話題を呼んでいる。

「アメリカ版の主人公が着ているスーツは、映画『007』シリーズのジェームズボンドが着るスーツも担当する『TOM FORD』で、1着30~150万円超えのハイブランドです。一方、ドラマで織田が着ている衣装は、TAGARU(タガル)というテーラーショップのオーダーメードスーツのようです。代官山と恵比寿に店舗を持ち、オーダースーツ初心者の方からベテランの人まで対応し、検索してみると3万円台から購入可能と、お手頃価格。織田はくだんのセリフの後、財布から3万円ほどを抜き取って中島に渡していましたから、このあたりが『高級スーツ』の線引きということなのかもしれません。ドラマには『洋服の青山』と『SUIT SELECT』がスポンサーとして参加しているという、日本版独自の事情も影響していそうです」(芸能ライター)

 アメリカ版のファンからは「安っぽくなった」との指摘も聞かれるが、日本版は「スーツ」よりも「訴訟」のほうで頑張るということかもしれない?

最終更新:2018/10/26 10:00

『SUITS/スーツ』織田裕二にとっての“高級スーツ”はいくらから?「3万円台から購入可能な……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

相対する強烈な家族愛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真