日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高嶋政宏“変態”でバラエティ進出へ

高嶋政宏“変態”でバラエティ進出へ! 役者業では「弟・政伸バリの怪演」も……

『変態紳士』(ぶんか社)

「最近では『変態紳士』(ぶんか社)というタイトルのエッセイを出版したように、ここ最近の高嶋さんはどこか吹っ切れたような感じがしますね。今もドラマ、映画に引っ張りだこですが、今後はバラエティ番組の出演も多くなりそうですよ」(テレビ局関係者)

 10月10日に異例のエッセイ本を出した高嶋政宏。俳優としても今クールのドラマ『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系)に出演するなど、相変わらずの活躍を見せている。

「今月からはBS朝日の 『My Anniversary SONG ~HEISEI SOUND ARCHIVE~』でメインMCを務めたり、最近は俳優業以外でも活躍の場を広げていますね。それも弟の政伸さんの影響じゃないかといわれています」(番組スタッフ)

 言わずと知れた弟の高嶋政伸も、今クールも『真犯人』(WOWOW)に出演するなど俳優として多忙を極めている。

「最近、お兄さんの政宏さんは会う人、会う人に『弟さんの演技、凄いですね』と言われるそうです。あの『DOCTORS最強の名医』(テレビ朝日系)で演じた主人公と敵対する外科医・森山卓は、主演の沢村一樹さんを食ったともっぱらです。大河ドラマ『真田丸』の北条氏政役も話題になりましたからね。そう言われたからか、最近の政宏さんの演技は弟さん寄りの振り切れた演技になってきてると業界では話題になっています。今や40代から50代の役どころはまずこの2人のスケジュールを確認するところから始まってますからね。お兄さんもいい意味で、ライバルの弟さんに刺激を受けてるんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者)

 兄弟2人の共演で“怪演”を見てみたいものだ。

最終更新:2018/10/27 23:00

高嶋政宏“変態”でバラエティ進出へ! 役者業では「弟・政伸バリの怪演」も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真