日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 渡辺雄太NBA出場も三木谷氏が壁に!?

渡辺雄太“日本人史上2人目”NBAデビューも、楽天・三木谷氏がブレークを阻む!?

渡辺雄太 公式Twitter(@wacchi1013)より

 米バスケットリーグ・NBAのグリズリーズに所属する渡辺雄太が、現地時間27日のサンズ戦に出場。日本選手として、田臥勇太(現・Bリーグ栃木)以来2人目のNBA出場を果たした。バスケットボールは小・中・高校生の部活動の中でも人気が高く、2016年にスタートしたBリーグは先日開幕したばかり。ところが、渡辺フィーバーがどうにも盛り上がらない“大人の事情”が存在するという。

 渡辺のNBA出場は、日本のバスケット関係者にとって夢であり、悲願でもあった。スポーツライターが語る。

「日本人にとってNBAは“夢のまた夢”でした。その夢を叶えたのが、能代工業で9冠を達成し、高校時代から超スーパースターだった田臥勇太でしたが、そんな田臥でも、NBA出場は4試合どまり。『田臥でもダメなのか……』と、日本のバスケファンは大きなショックを受けました。NBAは今や全選手の平均身長が2メートルを超えており、高さで劣る日本人では勝負できないという声が根強かったのです。しかし、両親がバスケット選手という渡辺は、高校入学時に身長が190センチあり、現在の身長は206センチ。しかも日本人のビッグマンにありがちな“大きいだけ”の選手ではなく、スピードやテクニックも備えています。グリズリーズは昨シーズンの勝率が2割台で、再建途上のチームですから、渡辺にはまだまだ出場機会があるでしょう」(スポーツライター)

 テニス界では全米オープンで大坂なおみが優勝し、にわかに“なおみブーム”が起こったのは記憶に新しいところ。種目も性別もバックグラウンドも全く違うが、渡辺も“最高峰で奮闘するニュースター”として、ブレークできるのか? 週刊誌のスポーツ記者が語る。

「渡辺が日本でブレークするのは、なかなか難しい。なぜなら渡辺のプレーを簡単に見ることができないからです。NBAは長らくNHKが放映権を持ち、リーグ戦やオールスターゲーム、ファイナルなどを中継してきました。さらに毎月1回、リーグ戦ダイジェスト番組も放送してきました。しかし17年からNBAの放映権は楽天が握り、NHK BSの中継は終了。さらに今年からはWOWOWの中継もなくなり、楽天の独占放送になりました。もとからNBAが好きだった人は、どこで放送されようが試合をチェックするでしょうが、それ以外の者が、わざわざNBAを見るために『楽天TV』に加入するのはハードルが高すぎます。楽天が放映権をがっちり握ってしまったことで、にわかファンが飛びつく土壌がなくなりました。楽天の三木谷浩史会長はインタビューで、30年来のNBAファンであると語っていましたが、楽天が独占放送することで裾野が狭まるとは、なんとも皮肉ですね」(スポーツ記者)

 もっとも、NBAで活躍すれば年俸は10億円、20億円の世界。渡辺本人にとっては、日本でのブレークなどどうでもいいかも?

最終更新:2018/12/20 14:08
こんな記事も読まれています

渡辺雄太“日本人史上2人目”NBAデビューも、楽天・三木谷氏がブレークを阻む!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...…
写真