日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 日テレ“視聴率3冠王”から陥落

日テレがついに“視聴率3冠王”の座から陥落! 戦犯は有働由美子と『バゲット』か

日本テレビ

 10月(1日~28日)の月間視聴率が明らかになり、全日帯(午前6時~深夜0時)において、テレビ朝日が7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークし、日テレの7.6%をかわして首位に立った。これにより、日テレは58カ月続けていた在京民放の月間視聴率3冠王の座から滑り落ちた。

 日テレはゴールデン帯(午後7時から10時)で11.7%、プライム帯(午後7時から11時)で11.4%を記録し、2位のテレ朝を抑えて首位を守ったものの、全日帯で王座を明け渡したのは、“日テレ王国”崩壊の序曲が奏でられたといっても過言ではないだろう。第3週(15日~21日)では、テレ朝が週間3冠王を達成しており、ゴールデン帯、プライム帯での日テレ超えも視野に入ったといえそうだ。

 テレ朝躍進の最大の原動力となったのは、なんといってもドラマの好調ぶりだ。米倉涼子主演『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は初回15.0%、第2話18.1%、第3話15.9%と3話連続で15%超え。鉄板ドラマ『相棒season17』も初回17.1%、第2話17.9%と高視聴率をマーク。『科捜研の女18』も初回13.4%、第2話11.2%と堅調。夕方の人気ドラマの再放送も、他局の情報番組を圧倒している。

 そのほか、朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』が同時間帯トップをキープ。夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』も好調。小川彩佳アナが降板し、不安視されていた夜の報道番組『報道ステーション』も安定した数字を保っている。

 新番組では、日曜ゴールデン帯にレギュラー番組として殴り込みをかけた『ポツンと一軒家』が14.0%→11.8%→12.8%→13.7%と、期待通りの高い数字を記録し、月間視聴率アップに大いに貢献した。

 一方、全日帯でテレ朝に盟主の座を明け渡した日テレの敗因は、夜の報道番組『news zero』、朝の情報番組『バゲット』、ドラマの苦戦にありそうだ。

 9月いっぱいで、メインキャスターの村尾信尚が降板。10月より、元NHKの有働由美子アナを迎えて、大リニューアルを図った『zero』は、5%を割る日が出るなど、予想をはるかに超える苦しい戦いを強いられ、足を引っ張っている。村尾キャスター時代より、大きく数字を落としているわけではないが、“期待外れ”という意味で、有働アナは“A級戦犯”といえそう。

 視聴率が振るわなかった『PON!』を打ち切って10月からスタートした『バゲット』は2%台に低迷し、さらに数字を落としている。レギュラー陣は局アナのみで、タレントを切った分、“経費削減”には貢献しているが、視聴率がまるで取れなければ元も子もないだろう。

 最大のネックは、ドラマの不振だ。新垣結衣主演『獣になれない私たち』、Sexy Zone・中島健人主演『ドロ刑-警視庁捜査三課-』は共に、初回11%台で発進したが、第2話以降は1ケタ台に沈んだ。賀来賢人主演『今日から俺は!!』も8~9%台をウロウロ。今後も低調が続けば、今年オンエアされた連ドラがオール1ケタの惨状となる。

 日テレのウイークポイントは明らかだが、このまま立て直しが図れなければ、「バラエティーだけの日テレ」に落ちぶれてしまいかねないだろう。

(文=田中七男)

最終更新:2018/11/01 21:00

日テレがついに“視聴率3冠王”の座から陥落! 戦犯は有働由美子と『バゲット』かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真