日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香の料理に「食欲が」…

工藤静香、料理自慢を連日展開も、ネットは「食欲が失せる」「Koki,がかわいそう」の大合唱!

工藤静香公式Instagramより

 先日、手作りの真っ黒なブルーベリーゼリーを自身のInstagramに投稿し、話題になった歌手の工藤静香。そんな彼女が、再び手作りゼリーを投稿し、世間を騒がせている。

 10月30日、工藤はリンゴとイチゴを使ったゼリーを紹介。「林檎と苺のビタミンと酵素を生かしたいので煮たりしません」とポイントをつづり、続けて「林檎と苺をレモンとエルダーフラワーシロップでやんわりと頂きます。本当に美味しいです。いくら食べても罪悪感無し!」と自画自賛。さらに、”すべて適当でいい”というオリジナルのレシピも紹介した。

 これに対し、コメント欄には「おいしそう!」「作ってみます~」といった声が上がり、ファンの間では評判は上々のよう。しかし一方で、ネット上では大不評だったようだ。

「『吐しゃ物みたい!』『ある意味、“飯テロ”!』といった辛らつな声が多数上がっています。また、工藤さんは誰も聞いていないのに『レシピですか?』とつづり紹介しているのですが、これについても、『“中途半端に火に掛け”ってなに?』『適当すぎる!』『日本語をわかってない』といった苦言が殺到。誰ひとり、称賛している人はいないのが現実です」(芸能ライター)

工藤静香公式Instagramより

 先日も、「娘たちの喜ぶ顔が早く見たい」と手作りブルーベリーゼリーを紹介した工藤。気持ち悪いほど黒すぎる彩りから「センスがヤバイ」と世間をゾッとさせたのだが、実はその後、Instagramのストーリー機能を使って手作りの汁物を投稿していた。しかし、これに対しても「泥水のようだ」といった声が殺到し、一時話題に。「(料理研究家の)園山真希絵を超えた!」との意見もあり、もはや笑いのネタとして認知されてしまったようだ。

 また、娘Koki,の体形についても言及する声が上がっているようで、

「スレンダーな体形で話題となったKoki,さんですが、以前から一部では『痩せすぎて心配』といった声も上がっています。そのため、今回の工藤さんの投稿で『母親の手作り料理が原因だった』『かわいそう』などとKoki,さんへの同情も集まっている状態。批判に晒されていたKoki,さんにとっては、ある意味、良かったのかもしれません(笑)」(同)

 以前から、美的センスが欠けていると指摘されていた工藤。家族のためにも、もう料理画像は投稿しないほうがいいと思うのだが……。

最終更新:2018/11/02 09:45
こんな記事も読まれています
関連キーワード

工藤静香、料理自慢を連日展開も、ネットは「食欲が失せる」「Koki,がかわいそう」の大合唱!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真