日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高畑充希、なぜテレ東深夜を選んだ?

高畑充希“超売れっ子”なのに、なぜテレ東の深夜ドラマ『忘却のサチコ』を選んだのか

『忘却のサチコ』公式インスタグラム(@boukyakunosachiko)より

 高畑充希が10月から深夜ドラマ『忘却のサチコ』(テレビ東京)に出演している。朝ドラで主演を務め、映画やドラマ、CMに引っ張りだこの彼女が、なぜテレ東の深夜ドラマに出るのか?

『忘却のサチコ』は、「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)連載中の阿部潤原作のグルメ漫画。今年1月に単発で放送され、10月から連続ドラマになった。テレビ情報誌の記者が語る。

「売れっ子の高畑が全国ネットでないテレ東の深夜ドラマに出るのは、この枠から『孤独のグルメ』という大ヒットドラマが生まれたことが大きい。『孤独のグルメ』は基本的に“オッサンが一人で黙々とご飯を食べる”という内容ですが、これが大当たりし、今年4月には“season7”が実現。大みそかのスペシャル番組放送も決定しています。『孤独のグルメ』がきっかけで主役の松重豊は一気に大ブレークし、バラエティやCMにも起用されるようになりました。今回連ドラ化が実現した『忘却のサチコ』は、内容も同じくグルメもの。“二匹目のドジョウ”を狙ったということでしょう」(テレビ情報誌記者)

 ただ、渋い脇役だった松重とは違い、高畑はNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』で主演を飾った国民的女優だ。それでも彼女が起用されたのは、最新の業界事情もあるという。テレビ関係者が語る。

「マスコミは視聴率ばかり注目しますが、今や多くの視聴者は、録画やオンデマンド放送で番組を見ます。特にドラマは、その傾向が顕著です。多くの人がリアルタイムで番組を見ないなら、もはや放送時間帯はゴールデンでも深夜でも関係ありません。しかしテレビ局のロジックとして、深夜ドラマならギャラは深夜の値段になります。高畑はもともとミュージカル女優に憧れてこの世界に飛び込んでおり、あの年齢ながら舞台経験も豊富です。とはいえ、『とと姉ちゃん』では主演を務めたものの、民放の連ドラ主演は昨年放送の『過保護のカホコ』(日本テレビ系)しかないので、たとえテレ東でも、経験が積めることを重要視したのでしょう。実家も裕福なようですし、お金よりもやりがいで仕事を選べるという事情もあるのかもしれません」(テレビ関係者)

 同ドラマでも、ミュージカルシーンを演じたりコスプレをしてみたりと、さまざまな魅力を振りまいている高畑。その勢いはまだまだ続きそうだ。

最終更新:2018/11/05 08:00

高畑充希“超売れっ子”なのに、なぜテレ東の深夜ドラマ『忘却のサチコ』を選んだのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

勝新太郎と横山やすしの息子

 昭和を代表する映画スターの故・勝新太郎さんと...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真