日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > プロレスラー“不倫”発覚も騒がれず

芸能界とは大違いでプロレスファンは寛容!? 岩崎恭子と共にプロレスラーの“不倫スキャンダル”発生も、騒ぎにならず

「KAIENTAI DOJO」公式サイトより

 1992年バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得し、現在はスポーツコメンテーターとして活動していた岩崎恭子に、衝撃の不倫スキャンダルが発生し、世間を驚かせた。

 岩崎は有名PR会社役員で50代の男性A氏とのデート現場を押さえられ、6日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)にスクープされた。その記事は、同誌発売前日にweb版「SmartFLASH」に掲載された。

 岩崎は2009年4月、元ラグビー日本代表・斉藤祐也氏と結婚し、11年3月には第1子となる女児をもうけている。交際相手のA氏も、後に離婚したとされるが、既婚者であったため、“ダブル不倫”だったということになる。

 webでの記事掲載を受け、岩崎は5日に速攻でブログを更新。すでに3日に、別居中だった斉藤氏と離婚したことを報告。A氏との不倫については、「おおむね事実」と認め謝罪。さらにA氏との交際を解消した旨を発表した。

 アスリートらしく潔い、スピード感たっぷりの対応で、大バッシングは避けられたが、その代償は大きかった。予定されていたイベント出演や講演会は相次いで中止となり、“コメンテーター”としてのオファーが当分なくなるのは想像に難くない。“好感度の高さ”が売りだっただけに、再起はかなり厳しい道のりになりそうだ。

 相手のA氏も、5日付で勤務先の役員を辞任したことが報じられており、双方とも受けたダメージは小さくない。

 一方、6日発売の同誌では、もう一つの“不倫スキャンダル”が伝えられた。

 プロレス団体「KAIENTAI DOJO」(以下、K-DOJO)の代表兼プロレスラーで、業界最大手の新日本プロレスにも参戦しているTAKAみちのくの“8年不倫愛”だ。

 記事を要約すると、告発した交際相手の独身女性Aさん(40)は、11年にmixiでメッセージを送ったのをきっかけに、TAKAとのやりとりが始まり、初めて会った日に男女の仲になった。以降、主に新日本の地方巡業中に呼び出され、男女の関係をもち、車での送り迎えや洗濯をさせられたという。費用はすべてAさん負担で、その額は500万円を超えたとされる。

 そんな中、17年6月にTAKAの夫人が子どもを出産。それ以来、関係がぎくしゃくし、Aさんは服薬自殺を図るまで追い詰められたという。それでも、不倫関係は続いたが、10月2日、TAKAが直接の連絡を拒否する文書を弁護士を通じて送付。約8年に及ぶ泥沼不倫の末、「私を捨てたTAKAを許さない」として、今回の告発に至った。

 記事が出た6日、TAKAは団体を通じて、謝罪文を発表。団体からの処分は、すべてを受け入れる覚悟とした。

 芸能人、著名人、政治家などの不倫スキャンダルは、今や日常茶飯事となったが、それがプロレスラーとなると珍しい事例だ。

 この報道を受け、ネット上は批判もあるが、「タクシー運転手を殴って逮捕された森嶋猛に比べたら、なんてことはない」「プロレスラーにも清廉潔白を求めるの? プライベートの問題だし、どうでもいい」「奥さんに詫びて、許すかどうかは夫婦の問題。家庭内ですませればいい。処分なんて大ごとにしなくていい」「ヒールなのに、不倫で謝罪って、イメージ壊れる」「プロレスラーが不倫して、世の中に謝る必要はない」などとして、さほど大きなバッシングにはならなかったようだ。

「TAKAはインディー出身ながら、世界最大手のWWF(現WWE)でチャンピオンになるなど、国内外で活躍した一流選手。しかし、ヘビー級ではなく、軽量級(ライトヘビー級)の選手であるため、世間的な知名度は低い。それこそ、岩崎恭子の不倫スキャンダルとは比になりません。ただプロレス界では、TAKAは団体代表であり、支援者、スポンサーからの信頼が損なわれるのは確かでしょう。インディー団体の経営は楽なものではありません。そのため、TAKAは新日本に出稼ぎに行って、運営資金にも充当していたようですが、ここから切られると、団体存続も危ぶまれるかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

 K-DOJOは9日、TAKAに対して、今期をもって取締役からの解任、11月から1年間の月額報酬100パーセント減額の処分を発表した。

 同団体は、さる10月21日、“格闘技の聖地”後楽園ホールで興行を開催したが、キャパシティ約1,800人の会場で、観衆は562人(主催者発表)しか入らず、閑古鳥が鳴いていた。新日本では17日から新シリーズが開幕するが、これまでレギュラー参戦していたTAKAはメンバーから外された。TAKA、K-DOJOにとって、“頼みの綱”ともいえた新日本への出稼ぎがなくなり、苦境を迎えたともいえそうだ。

 芸能界とスポーツ界では、いささか事情が異なるが、プロレスラーも聖人君子でなければならなくなったということか?
(文=田中七男)

最終更新:2018/11/09 23:00

芸能界とは大違いでプロレスファンは寛容!? 岩崎恭子と共にプロレスラーの“不倫スキャンダル”発生も、騒ぎにならずのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

麒麟・川島の塩と手榴弾

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「キングオブコント2012」で優勝。無名のコンビは一夜にしてその名を世間に轟かせた。...
写真