日刊サイゾー トップ > 芸能  > 板野友美の妹が芸能活動本格化!

板野成美、DVD『ここに、イタノ』で芸能活動本格始動! どうしても気になる姉・友美の“あの疑惑”……

板野成美公式Twitterより

 元AKB48・板野友美の実妹でタレント・板野成美が10月24日、初のイメージDVD『ここに、イタノ』(イーネット・フロンティア)をリリースした。

「2011年ごろから、姉・友美のインスタにツーショットで登場するようになり、そのキュートな笑顔から、“美人姉妹”としてファンにもよく知られていました。成美は大学入学後、芸能活動をスタート。14年にはドラマデビューを果たし、15年にはCMデビューと、ポツンポツンと話題になることはありましたが、学業優先の活動ということもあって大ブレイクには至らず。今回のDVDをきっかけに、芸能活動を本格化させていきたいと思っているようですね」(芸能記者)

 だが、DVDの発売から2週間がたっても、Amazon、楽天ブックスともにレビュー数は少なく、アイドルファンに完全無視されているかのように見える。

「どう考えても、デビューが遅すぎましたよね。胸が大きいわけでもなく、いやらしいヒップの持ち主ということもないし、顔もそのへんにいそうな雰囲気です。それでいて、肌の露出も少なく、過激なポーズがあるわけでもないのですから、売れる要素が見当たりません。結局、売りが“ともちんの妹”ということ以外にないんです。しかし、その頼みの姉が、『まだ、イタノ?』という活動状況ですから、話題にもなりようがない。姉のSNSに登場するようになった頃に、すぐデビューしていたら展開は変わっていたでしょう」(同)

 正直、この成美に興味が湧くとしたら、「姉の“あの疑惑”に対するアンサーとなるのでは」という一点くらいだろう。

「友美には通常の成長や発育の常識を超えた、顔の“進化”がさまざまにささやかれ、ネット上には検証画像も多く出回っています。そのため、『あれ? 妹はどうなってんだ?』と、2人の顔を見比べてみたくなる人は多いはず。ですが、似ているといえば似ているけれど、そこまで激似というわけでもない中途半端な感じなので、結局、どうにも判定がつきませんね」(アイドルライター)

 では、今後、彼女はどうなっていくのだろうか?

「有村架純の姉・藍里のように、自虐トークが面白ければ、バラエティ番組で使いようもあるかもしれませんけど、『週刊プレイボーイ』(集英社)に掲載された成美のインタビューを読む限り、そういう雰囲気でもなさそうですから、早いうちに何か特徴を見せないと難しいでしょう」(同)

 結局は、今回のDVDが最大の活動実績になって、気がつけば「どこにイッタノ?」と、なっているかも!?

最終更新:2018/11/13 09:51

板野成美、DVD『ここに、イタノ』で芸能活動本格始動! どうしても気になる姉・友美の“あの疑惑”……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真