日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 清水vs神戸、大乱闘の原因は?

清水エスパルスとヴィッセル神戸“Jリーグ史に残る大乱闘”の原因は?

【公式】ハイライト:清水エスパルスvsヴィッセル神戸 明治安田生命J1リーグ 第33節 2018/11/24 – YouTubeより

 J1リーグ第33節の清水エスパルス×ヴィッセル神戸戦で、Jリーグ史に残る大乱闘が起こってしまった。

 90+15分、神戸のウェリントンが清水の石毛秀樹にラフプレーのチャージを見舞う。主審は当然イエローカードを掲出するが、このウェリントンの行為に怒った清水ベンチが飛び出し、さらにスタンドからもピッチに物が投げ込まれた。

 ウェリントンは投げ込まれた物を拾い、ピッチに乱入した清水ベンチに“物を投げられた”と詰め寄ると、互いに挑発と受け取ってしまい、押し合いになる。ウェリントンだけでなく、神戸のポドルスキも激高し、両選手とベンチが入り乱れる大乱闘となった。

 そして、対立を作った原因であるウェリントンに挑発行為で2枚目の警告が出されて退場となる。が、判定に不満を持ったウェリントンが再びエキサイトし、ウェリントンと主審の間に入った清水のGK六反勇治を投げ飛ばすという愚行に出てしまう。

 この乱闘騒動だが、どのような処罰が下されるのだろうか? サッカーライターに聞いた。

「試合後の処罰は、Jリーグ規律委員会が決めます。退場となったウェリントンには、退場した後の乱暴な行為により追加の処罰が科せられるのではないでしょうか。また、審判団の視界外で、清水ベンチをはたいたポドルスキと、サポーターがピッチに物を投げ込んだということで、試合主催の清水にも制裁があるかもしれません」

 さらにいえば、試合をコントロールできずに各方面から大きな批判を浴びた審判団もペナルティーを受けるだろう。おそらくJリーグのピッチから離れることになるはずだ。とはいえ、こういった試合になってしまった原因はなんなのだろうか? 多くのサッカーメディアが審判団を批判したが、清水のチョン・テセは「審判団もアンラッキーだった」と審判団だけの責任ではないとコメントしている。

「まず、日本サッカー協会審判委員会の審判団の選出がよくなかった。この試合を担当したのは、若手の審判団です。Jリーグの選手たちは、若手の主審をナメてかかる傾向にあります。この試合中にも白崎凌兵や藤田直之、ポドルスキが試合を荒れさせていました。試合後には、松原后が相手を挑発し、イニエスタが間に入っています。担当した審判団が、アディショナルタイムを取りすぎたのは大問題ですが、荒れさせたのは選手たちというのをサポーターは忘れてはいけません。審判団が、乱闘したわけではありませんから」(同)

 荒れ狂う両選手を尻目に、世界的スターであるイニエスタだけは冷静に周囲をなだめていた。このへんの対応も、レジェンドとJリーガーの違いなのかもしれない。
(文=TV Journal編集部)

最終更新:2018/11/27 14:00
こんな記事も読まれています

清水エスパルスとヴィッセル神戸“Jリーグ史に残る大乱闘”の原因は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真