日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清水依与吏“二股”にファン驚かず!?

back number清水依与吏の“二股報道”にファン驚かず!?「事務所の先輩のほうがゲスだし!」

back number公式ホームページより

 11月16日発売の「フライデー」(講談社)にて、既婚者で幼稚園に通う子どもがいることがスクープされた人気ロックバンドback numberのボーカル清水依与吏。そんな彼に、今度は二股交際が報じられ、話題となっている。

 このスクープを報じたのはインターネット番組「直撃!週刊文春ライブ」(ニコニコ動画、12月1日放送分)。同番組では、清水が2012年8月~14年7月までの間、関西在住の女性タレントと交際していたこと、女性によると、急に連絡が取れなくなり一方的に別れられてしまったこと、事務所側も「大阪で数回お会いしたこと、男女の関係を持ったことは事実です」と認めていることなどが伝えられた。

「フライデー」の既婚者報道の際は、「楽曲を大切にするバンドマンとしての美学から、プライベートを明かす事を避けていた」と清水本人は釈明していたのだが、今回の二股報道によって、その釈明がアダに。ネットでは「“既婚隠し”って『まだモテてたい』という理由しか見つからないんだけど(笑)」「まだまだ浮気する気満々じゃん」と失笑と罵倒ばかりが聞こえている。しかし一方で、back numberのファンはこの報道に対し、冷静な反応だったという。

「報道直後はそれなりにファンの間にも驚きはあったようですが、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんやコブクロの小渕健太郎さん、Mr.Childrenの桜井和寿さんなど、“バンドマンは女性関係が派手”という認識があるのか、批判よりは『売れるとこういうネタ出てくるよね~』『過去の話をなんで今言うの?』といった反応が多い。その上、back numberの所属事務所はあのファンキー加藤さんがいる事務所です。ファンは『加藤よりはマシじゃない?』と思っているようで、“二股”自体はそんなに騒がれていませんね」(芸能ライター)

 女性目線の歌詞を多く作詞し、世の女性たちから共感を得ていた清水。それだけに、今後何を書いても、この二股報道でかき消されてしまいそうな気がするのだが……。

 それよりもファンが衝撃を受けているのが、交際女性が公開した清水の女性用水着着用画像のようで、

「この画像の衝撃はすごかったようで、ファンからは衝撃との声が続々と上がっていました。ただ、これについても、逆にネタにして『来年のライブグッズとして販売すればいい』との提案が(苦笑)。ゲス極の川谷さんのように振り切ったほうがいいと考えているようです」(同)

 前回の既婚者報道に続き、今回の報道で“気持ち悪い”イメージが付いてしまった清水。以前から“メンタル激弱”を公言していただけに、ファンの中には精神面を心配する声も上がっているよう。

 しかし、本当に“メンタル激弱”ならば、二股しないのではないのだろうか……。

最終更新:2018/12/04 09:26
こんな記事も読まれています

back number清水依与吏の“二股報道”にファン驚かず!?「事務所の先輩のほうがゲスだし!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真