日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内結子が隠滅したい3作品って!?

竹内結子が視聴率急落の“大爆死”ドラマ『QUEEN』より隠滅したい3作品って!?

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』公式インスタグラム(@queen_scandal08)より

 このまま黒歴史一直線? 1月17日に放送された竹内結子主演のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)第2話の平均視聴率が、5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。同ドラマは、初回9.3%から大きく数字を下げてしまった。

「『QUEEN』はPerfumeなどのPVを手掛ける映像作家・関和亮の連ドラ初監督作品。さらに、バカリズムがキャラクター監修を務めることで注目を集めていました。昨今、ドラマ界のトレンドとなっている弁護士モノですが、ネット上では『内容が薄い』『映像とキャラはいいがストーリーが微妙』とのコメントが飛び交い、1話で脱落した人が続出したようです」(テレビ誌記者)

 地上波では約6年ぶりとなる連ドラ主演を務めた竹内だが、この流れでいけば、目も当てられないような大爆死となる可能性もありそう。

 そんな彼女には、過去には「恥ずかしくて隠滅したい」であろう3つの作品が存在するという。

「1つ目が映画『タイタニック』(1997)の吹き替えです。フジテレビ版が放送される際、レオナルド・ディカプリオ演じたジャックを妻夫木聡が、そしてケイト・ウィンスレットが演じたローズを竹内が担当したのですが、映画ファンの間では“残念な吹き替え”として語り継がれています。2つ目は98年に発表したシングル『ただ風は吹くから』。ミドルテンポの癒し系ソングなのですが、彼女が残した音源はこれ1曲ですから、歌手活動は不本意だったのかもしれません。そして3つ目は、2013年に主演した『ダンダリン 労働基準監督官』(日本テレビ系)です。こちらも一時視聴率5%台を記録する大爆死となり、それがトラウマとなったのか、彼女はその後しばらく地上波の連ドラ主演を受けなくなりました」(週刊誌記者)

『QUEEN』が、これらを上回る“残念作”とならなければいいが……。

最終更新:2019/01/22 19:30
こんな記事も読まれています

竹内結子が視聴率急落の“大爆死”ドラマ『QUEEN』より隠滅したい3作品って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真