日刊サイゾー トップ > 芸能  > 米津玄師、有名になって有頂天に?

米津玄師、ゲス・川谷絵音との親交にファン驚愕! おふざけ投稿に「有名になって有頂天?」と幻滅

米津玄師公式サイトより

 シンガーソングライターの米津玄師が2月13日深夜、自身のTwitterを更新し話題になっている。

 米津はこの日、友人のゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音に、「絵音に幸あれ」のメッセージと泣いているような仕草の川谷の写真を添えて投稿。この米津の投稿を受けてか、川谷も、米津が両手で顔を押さえている写真に共に「米津に幸あれ」と投稿した。

 この日は、タレントのベッキーが自身のTwitterなどでプロ野球・巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチとの結婚を発表。そのためファンからは、「ベッキーのことか」「えーと……触れていいの?」と戸惑いのコメントや、「米津さん、優しい」「慰めてあげてるのかな」「お二人に幸あれ」といったコメントが寄せられた。

 川谷といえば、2016年にベッキーとの不倫が発覚し、「ゲス不倫」と当時は大きな話題に。そのため、「ウケ狙いのつもり? だとしたら趣味悪い!」「やってしまった過ちは消えないよ」「絵音は自分で幸せな新婚生活壊したのに!」と厳しいコメントもチラホラ上がっている。

 この米津の投稿によって川谷が再び批判の的となっているが、その一方で、米津にも批判の声が上がっているようで、

「ベッキーさんが結婚したために投稿したのはみえみえ。川谷さんひとりがやるならまだわかりますが、そこに、米津さんが加わったことで、『何で関わろうとしてるの?』『そういう人だと思わなかった』『有名になると、こういうこともしちゃうんだ』『ああ、有名になって有頂天?』などといった米津さん批判も結構見受けられました」(週刊誌ライター)

 米津はこれまでメディアなどにほとんど顔を出さずに活動していた人物。過去には雑誌のインタビューで「学校も引きこもりがちでつまらなかった」と語っており、物静かで内気な性格がうかがえる。ファンにとっては、そんなミステリアスな面も米津の魅力のひとつと捉えられている。


12
こんな記事も読まれています

米津玄師、ゲス・川谷絵音との親交にファン驚愕! おふざけ投稿に「有名になって有頂天?」と幻滅のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真