日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Kis-My-Ft2北山宏光は「ポスト稲垣吾郎」になれる
【wezzy】

Kis-My-Ft2北山宏光は「ポスト稲垣吾郎」になれる!! 「干され疑惑」も出たキスマイの今後

嵐の活動休止宣言を受けて、なんと元SMAPで元ジャニーズの稲垣吾郎さんが、記者会見で「ビックリしましたが、5人でお決めになったことだと思うので頑張って欲しいし見守っていきたいです」とコメントしたとの情報……皆さんご存知でしたか?

 的確なコメント力で取材陣のウケは抜群だという稲垣さん。そんな稲垣さんのように、ハイセンスかつバランス感覚に優れたコメントを繰り出せる優秀かつ瞬発力の高いジャニーズの後輩が1人、いるそうです。それがKis-My-Ft2の北山宏光さんです。

__

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 嵐の活動休止宣言の余波がまだ続いている昨今。東山紀之さんや相葉雅紀くんの親友である風間俊介くん、亀梨和也くんたちはそれぞれのレギュラー番組でコメントを出して、三宅健くんも会見でコメントを述べていたでしょ。でもそれは事務所の先輩後輩たちからだからまぁ当然の事。だけどちょっと驚いちゃったのは、稲垣吾郎くんも会見で嵐についてコメントしたの!

 それは平成最後の三連休初日の2月9日、福島いわき市のレジャー施設・スパリゾートハワイアンズで、2月15日公開の主演映画『半世界』のイベントを行ったんだけど、取材が終わり帰りかけたその時。報道陣から嵐の活動休止について問いかけられた吾郎ちゃんはピタッと足を止めて「ビックリしましたが、5人でお決めになったことだと思うので頑張って欲しいし見守っていきたいです」とエールを送ったの。

 ジャニーズ事務所を辞めた人が後輩の動向についてこれほどしっかり応対するって滅多にない事だし、さすが吾郎ちゃんだなと改めて思った次第よ。草なぎ剛くんも香取慎吾くんもコメントは出していないし、ここはやっぱり吾郎ちゃんの出番だったのかもしれないわ。この日は他にも体調を崩された映画監督の園子温さんの事にも触れて「1日も早く回復して欲しい」と心配していてね。取材陣も「毎度の事だけど、どんな質問を投げかけても完璧な対応だから、ホント感動しちゃうよ」と絶賛していたわ。

実は「元カノ」菅野美穂の結婚にもコメントをくれた稲垣吾郎
 みんなが「毎度の事だけど」と言って吾郎ちゃんの応対に感心するのは、2013年のあるコメントにも如実に現れていたのよね。

 それは吾郎ちゃんの主演映画『桜、ふたたびの加奈子』の公開試写会後の事。ファンの皆さんの前でインタビューに答え、報道陣の囲み取材も終わった時、帰ろうとする吾郎ちゃんにスポーツ紙の人たちが、ここぞとばかりに「菅野美穂さんが結婚されましたけど」と声をかけたの。すると吾郎ちゃんはサラッと、映画のタイトルに引っ掛けて「桜満開ですよね。本当に幸せになってください。機会があればお祝いしたいですね」と祝福コメントを出して。

 アツもその場にいたんだけど「えーっ、元カノの菅ちゃんの結婚について聞く? えええっ、答えちゃうの〜?」とビックリ仰天、からの吾郎ちゃんを遠巻きに見ながら大感動。一度は立ち去った吾郎ちゃんなんだけど、なぜだか数秒後に桜柄の扇をヒラヒラさせながらひょいと戻ってきて、アツの耳元で「言っちゃった」って、いたずらっ子みたいな顔でしれっと言ったのよ。吾郎ちゃんに「ハハァ、吾郎様~。恐れ入りましたぁ」ってひれ伏しちゃったわ。こんな事も吾郎ちゃんだからこそ出来る偉業なんだろうなと思った次第。

 

Kis-My-Ft2北山宏光は「ポスト稲垣」として注目!
 話が前後しちゃったけど、この主演映画『半世界』の会見前日の2月8日には『ブログ・オブ・ザ・イヤー2018』の受賞式があって優秀賞を受賞した吾郎ちゃん。2017年11月にブログを開設したばかりなのに、昨年も最優秀賞を受賞したから2年連続での受賞ね。吾郎ブログを読んでいらっしゃる人はよくお分かりだと思うけど、景色が浮かぶようなたおやかで美しい文体といい、セレクションがいかにも彼らしいセンスのよいお花たちの写真といい、見ているだけで癒されるし、独特の吾郎語録にいつも感心しちゃうのよね。

 昔からの吾郎ファンの皆さんは十分に納得だろうけど、吾郎ちゃんはコメントも文章もピカイチ。何度「こっちの商売あがったりだから、勘弁してよ〜」と言った事か。インタビューをしていてこんなにも素敵で的確な表現を連打してくれるのは、吾郎ちゃん以外いないと言っても過言じゃないぐらいなの。「コメント全部が見出しになる男」の異名を持つ程だもの。

 この20年近く、華麗なる吾郎語録にずっと助けられてきたわけなんだけど。でもね、まだ吾郎ちゃんまでとはいかないけれど(ごめんなさい!)最近メキメキとコメント力を上げているのがKis-My-Ft2の北山宏光くんじゃないかなって思うの。

 元々ミツはグルメ王で「食べるの大好き」男だったから、撮影前の楽屋で「三茶でいい店?  なら〇〇とか〇〇がお勧めだよ」なんて教えてくれたり、旬の食材を食べる事を日常にしていたり、的確な食レポには定評があったのよね。現在、初めての出演ながら主演を飾った映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』の告知であっちこっちの番組に出演しているけれど、全てのコメントが適切で優れものだったのよ。

 先日も『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)に出演して、リスペクトする仲良しの大先輩・中居正広さんの「料理をする姿」話を披露して共演者を驚かせたけれど、中居さんとは常々プライベートでもゴルフに行ったりしているから、ベールに包まれた「中居さんの素顔」を知る数少ない後輩の1人。中居さんのご自宅に招かれる人も限られているし、ミツの愛情たっぷりの暴露トークは中居さんファンにもキスマイファンにも好評で。長年、根っからの北山推しを自認する先輩女性は「みっくんが日々、腕を上げてる〜。ようやくこんな日がきたわぁ」と嬉し涙を流す程なの(笑)。

 最近、ミツのトーク力に「参りましたぁ」と思わず唸っちゃったのは、先日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)ゲスト出演での事。堂本光一くんとは前から「メル友」なミツだけど、番組冒頭、堂本剛くんが「もちろん顔は分かるけど、僕の脳内で声は認識出来ていないかも」とのビックリ発言を繰り出して。「そうだよね、確かに今まで共演がなかったもんね」とは思いつつも心配しながら見てたんだけど、それすら軽く笑いに変えて明るく乗り越えたミツにはアッパレと言うより他ない感じだったわ。

 「この番組の俺たちは自由にやらせて貰ってるから」と光一くんに言われて、その言葉通り、自由気ままに振る舞う剛くんを相手にしながらも謙虚に、でも完璧な食レポをしたしね。キンキ兄さんとのつながりも作って「宮田俊哉」の名前を出してしっかり次に繋げたし。かつては取材時に「ちょっとアップダウンがあってインタビューが難しい時がある」なんて言われてた事もあったあのミツが、いつの間にかとんでもない成長を遂げていたのね。そう言ったらミツ本人は「何も変わってないよ、俺自身は。コメントうまくないから」って謙遜したけど、いやいや本気で感動ものよ。

 

「キスマイが干されているのでは?」の噂も
 いろいろあったからかファンの間でも「キスマイが干されているのでは?」と噂される時もあったけど、ミツの初主演映画の主題歌でもある新曲『君を大好きだ』も好評だし、日韓合同アイドルグループIZ*ONEとのデッドヒートを制してオリコン週間ランキング1位もゲットして絶好調。現在、dTVで配信されてる『キスマイのどきどきーん!』も楽しいし、面白いCMが流れた時点で話題になってたしね。

 藤ヶ谷太輔くんは4月からスタートするWOWOWと東海テレビが共同制作した連ドラ『ミラー・ツインズ』の主演に決定。20年前に起きた誘拐事件によって生き別れて、1人は刑事に、1人は犯罪者になった双子という難役の1人2役に挑戦。たいぴーの役者魂が炸裂するハラハラドキドキのサスペンスドラマなの。

 宮田俊哉くんも4月からはお昼の連ドラ『テレビ朝日開局60周年記念作品「やすらぎの刻~道」』(テレビ朝日系)に風間俊介くんと共にレギュラー出演するし。短髪姿も凛々しくて「ただのアニメオタク」じゃない頑張り屋さんの宮っちの演技にも期待がかかるところよ。

 

V6やTOKIOはキスマイメンバーの名前を知らない!?
 ただね、先月の放送だったんだけど『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、図らずも驚愕のジャニーズ事情が暴露されちゃって。ご覧になってた人も多いと思うけど、その日のゲストはV6の長野博くんと三宅健くんで、後輩との交流について話し合っていた時の事。パネルに貼られた後輩たちの顔写真を見ながら、それが誰かを当てていくという流れになったのよね。

 ファンの皆さんや取材陣にとってはめちゃくちゃ簡単なクイズだったんだけど、これがビックリするような展開になっちゃって。「俺は後輩たちとは結構、交流があるから大丈夫」と豪語していた健くんは後輩の顔写真を見て、まぁまぁ名前を答えられたんだけど、長野くんに至ってはひたすら苦笑い。そんな中、横尾渉くんの顔写真を見て長瀬智也くんはあろう事か「斉藤くん?」との珍回答。そんな人いないからぁと誰もが突っ込んだその時、嵐ほか後輩たちとの交流も多い頼みの綱である我らが松岡昌宏兄ィがまさかまさかの答えを。「えーっと、ちょっと待って。横尾か二階堂(高嗣)だよね?」って。おーい、松兄ィ、何とかしてあげて〜と思った頃、何とか「あー、横尾だ」とかろうじて正解してホッと胸をなでおろしたけど。

 でも昨日今日デビューした若手グループなら分からないのも頷けるけど、CDデビュー8年にもなろうとしているキスマイでさえ、「ちょっとよく分からない」事態になっているとは。わったーの存在、どーなってるの? まぁ「あまりに松兄ィらし過ぎる状況」だから笑っちゃったけど、先輩たちにとってはまだそんな位置づけなのかしらね? 後日こっそりメンバーに聞いた所、「渉? 苦笑いしてたよ」との事だけど、それは余りに悲しいじゃないのよね〜(涙)。

 コメント力にも長けているミツ他、セクシーなたいぴーも相変わらず人気の高い玉森裕太くんも、舞祭組としても人気を博す千賀健永くん、わったー、そして宮っち&ニカちゃんと、キスマイもこれからはどんな先輩たちとも自由に共演出来ちゃう身になった事だし、一丸となって益々の活躍をと願う毎日。先輩方、今後は番組にどんどんじゃんじゃん呼んであげてください〜。個性豊かなキスマイ7人の顔と名前、ちゃんと覚えてくださいね〜と強く願ってやまない最近のアツなのでしたぁ!

最終更新:2019/02/16 07:15
こんな記事も読まれています

Kis-My-Ft2北山宏光は「ポスト稲垣吾郎」になれる!! 「干され疑惑」も出たキスマイの今後のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真