小谷真生子『日経プラス10』降板で掘り返された“SM調教報道”の過去

2019/03/05 12:00

 久しぶりにその名前を聞いた人の中には、“あの疑惑”を思い出した人もいたようだ。

 2月28日、BSテレ東で平日夜に放送している経済報道番組『日経プラス10』でメインキャスターを務める小谷真生子が、3月末で降板することが発表された。

 現在53歳の小谷は『ニュースステーション』(テレビ朝日系)のサブキャスターを経て、1998年から『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)のメインキャスターに就任するなど報道畑を歩み、2014年から『日経プラス10』を担当してきた。テレビ東京によると、アメリカに拠点を置いてビジネスを始めるため、降板することになったという。

 美人で知性あふれる硬派キャラで知られる小谷だが、実はとんでもない醜聞にさらされたことがあった。ベテランの週刊誌記者が言う。

「05年のことです。『週刊ポスト』(小学館)にて『私がSM調教した超美人キャスター』という記事が掲載されました。『ノーパンでテレビ出演』『全裸で三つ指指令』などとセンセーショナルな文字が躍り、元恋人が現役女性キャスターをSM調教していたという内容でした。誌面では名前は伏せられていましたが、直後に一部の夕刊紙が小谷の実名を出して一面で報じたものでした。あまりに突拍子もない眉唾な話ではありましたが、小谷は85年に男性グラビア誌『GORO』(同)で水着姿を披露したり、ミスコン優勝やJALのCAからキャスター転身、帰国子女という経歴であったため、男性たちの妄想を加速させたものでした」

 ネット上では「ノーパン」「SM」といったワードが乱れ飛んでいるだけに、この機会に「週刊ポスト」で真相を明らかにしてもらいたいものだが……。

最終更新:2019/03/05 12:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む