日刊サイゾー トップ > 芸能  > 上田まりえがストレスで口走った禁句

上田まりえが『5時夢』ストレスで口走った“禁断ワード”って!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

上田まりえが『5時夢』ストレスで口走った禁断ワードって!?の画像1
『5時に夢中!』番組公式サイトより

 レギュラー出演していた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を体調不良で突発降板したばかりの元日本テレビアナウンサーで現在フリーの上田まりえが、4月1日スタートのラジオ番組『なな→きゅう』(文化放送)のパーソナーを務めることになり、3月19日に同局で会見を行った。

「上田は自らの病名について自律神経障害と説明。なんでも『5時夢』のスタジオに入ったときだけ、右手が震える症状が出るとのこと。それもかなり激しい動きだといい、『テレビ画面を通して見ていただける状態ではありませんでしたので、やむなく』と明かしていました。通常の生活には支障はないようで、『番組の下ネタがイヤになったとか、そういうわけではないです』と精神面が原因ではないと強調していますが、特定の番組に出演したときだけ発症するとは前代未聞ではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 番組MCを担当していたふかわりょうも同日のTwitterで、2016年4月からアシスタントを務めた上田の降板に「スタジオで3年間お疲れ様でしたと笑顔で伝えたかった」と降板を残念がった。

「上田本人はストレスでの降板を否定していますが、出演者はマツコ・デラックス、北斗晶、美保純、岩井志麻子、中瀬ゆかりとつわものぞろい。とりわけ、上田は日本テレビ時代にマツコ・デラックスから『女子アナらしからぬ女子アナ』とベタ褒めされたことがフリー転身のきっかけになったともいわれており、マツコを前に、期待に応えなければならないプレッシャーがあったのではないでしょうか。また、同番組は下ネタが多く、日テレ時代には考えられない扱いとフリーという立場での心のバランスが崩れてしまった可能性はありそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな上田は番組で、とんでもない失言をしたことがあったという。

「『あなたはどんな方法でストレス解消していますか?』と視聴者に回答を募集しようとした彼女は、『セックス、ファックス、メール、ツイッターで……』と口走ってしまった。ふかわも『セックス?』と驚き、彼女は恥ずかしそうに反省していました」(女子アナウォッチャー)

 このときすでに「下ネタ攻め」された影響が出ていたのだろうか。

最終更新:2019/03/21 18:00

上田まりえが『5時夢』ストレスで口走った“禁断ワード”って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真