“ミスター”長嶋茂雄を引っ張り出しても「話題なし」巨人に、関係者あきれ顔

2019/04/04 06:00

読売巨人軍公式WEBサイトより

 原辰徳監督率いるプロ野球・巨人の本拠地開幕戦が2日、東京ドームで行われたが、この試合を長嶋茂雄終身名誉監督が視察。試合前にはバルコニー席前方に姿を見せて、巨人ナインやファンに手を振った。

 関係者の間では、試合前から「ミスターが今日、来場するのでは?」とのウワサが現場で駆け回っていたというが、その期待を裏切らないのが、いかにも長嶋氏らしい。

 試合前に姿を見せ、球場の大型ビジョンにも映し出されると、場内は騒然。これに応じるようにミスターも手を振った。

「横には娘の三奈さんがいましたが、映像をよく見ると、後ろから服を引っ張ってるような感じだった。万が一、転倒したら大ごとなので、そうならないようにしていたのかもしれないですね」(在京テレビ局関係者)

 別の球界関係者は「(影響力のある長嶋氏が来場すると)まるで天覧試合のような感じですね」と表現。298日ぶりの公の場への登場ともなれば、周囲が浮き足立つのも無理はない。

 ただ、こんな見方もあるようだ。

「本来なら長嶋さんもお忍びで来ればいいし、言い方は悪いが“見せ物”になってしまっている。それもこれも、今の巨人ナインにスター選手がいないのがすべてではないか。結局、話題がなくて、いつまでたっても“ミスターの後光”の恩恵を当てにしなければいけない」(球界関係者)

 ミスターが元気なうちに優勝するのが至上命題となりそうだ。

最終更新:2019/04/04 06:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む