日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元貴乃花親方、絵本作家でカネ集め?

元貴乃花親方の“絵本作家宣言”は政界進出のためのカネ集め? 兄・母との「復縁」もイメージアップ作戦か

元貴乃花親方の絵本作家宣言は政界進出のためのカネ集め? 兄・母との「復縁」もイメージアップ作戦かの画像1
鉄拳 公式Twitter(@Tekken_omachi)より

 大相撲・元横綱だった貴乃花光司氏(46)が3月20日に放送された『ザ・発言X~勝負の1日~』(日本テレビ系)に出演し、絵本作家としての活動を始めると発表した。お笑い芸人の鉄拳がイラストを担当してコンビを組む。

 バラエティー番組『新春しゃべくり007 4時間半スペシャル』(同)で共演した作家の瀬戸内寂聴氏に絵本を描くことを勧められ、決心したという。デビュー作『光のテーブル とっても大切なカエルのおはなし』は鉄拳のオフィシャルサイトなどで公開されている。

 同番組内では、“絶縁”などと不仲が伝えられている母親でタレントの藤田紀子、兄で元横綱の花田虎上と復縁、和解に向け、前向きな発言をしたことも大きな話題となった。20年以上にわたり確執があった家族に、一体何があったのか。貴乃花光司の突然の変心のワケとは……。

「これから芸能活動や講演活動、作家活動をしていく上で、親や兄弟、家族と絶縁状態のバツイチ独身元スポーツ選手というのは、あまりにも体裁が悪い。イメージアップを狙っているのでしょう。芸能を手掛けるプロモーターがバックに付いているとのウワサがあり、その人物のアドバイスを聞き入れた可能性があります。河野景子さんとの離婚を円満と強調しているのもそのあたりが関係しているといわれていますよ」(芸能関係者)

 一部では今夏の参院選に出馬し政界に進出するという報道も飛び出しているが……。

「夏ごろまで仕事がギッシリと入っているようなので、時間的にも物理的にも、今年の政界進出は難しいでしょう。政治はカネがかかります。まず芸能界や絵本作家として資金を集める方が先と考えているのかもしれません」(同)

 絵本作家、家族との関係修復がどこまで本気なのか。見ものとなりそうだ。

最終更新:2019/04/04 16:00
こんな記事も読まれています

元貴乃花親方の“絵本作家宣言”は政界進出のためのカネ集め? 兄・母との「復縁」もイメージアップ作戦かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...
写真