日刊サイゾー トップ > 芸能  > 池田エライザに「改名しろ!」の声

池田エライザの爆乳&パイパン撮に「“エロイザ”に改名しろ!」の声

【校正待ち】池田エライザの爆乳&パイパン撮に「エロイザに改名しろ!」の声の画像1
「週刊プレイボーイ」2019年5/13号(集英社)

「美の至宝」のフレーズに偽りなしだ!

 池田エライザが、4月22日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)にて、表紙&巻頭グラビアを飾った。

 デビュー10周年を記念したファースト写真集を5月31日に出版する池田だが、今回はその一部を16ページにわたって掲載。

「衣装から今にも飛び出しそうなボリューム感たっぷりのバストを上からも横からも正面からも見せつけ、思わず谷間に顔を埋めたくなりました。ネット上では、これまで彼女が出演した『東京ガールズコレクション』のランウェイの『胸揺れシーン』だけを集めた動画も公開されていましたが、歩くときの揺れ方がハンパなく、Gカップ以上のサイズなのは確実です。写真集ではそれを心置きなくガン見できるとあって、発売が楽しみで仕方ありません」(芸能ライター)

 実は、今回のグラビアに先駆けて池田は15日にTwitterでアザーカットを公開していたのだが、そこではバスト以上に注目を浴びた箇所があったという。

「彼女が投稿したのは、腰まで切れ上がっているハイレグ衣装。そこでは下半身がほぼ丸見えとなっていたことから、ネット上では『パイパン確定』『彼女が局部の手入れをしている姿を想像するだけで興奮した』といった声が連打されています。彼女は15年に映画『みんな!エスパーだよ!』で、下着姿のまま3分にも及ぶ汗だくオナニーを熱艶しています。その際に映し出された股間にはパンティー越しにこんもりと膨らみがありましたから、このときはまだ未処理だったと思われます。おそらく普段はナチュラル派で、今回は写真集のために処理したのではないでしょうか」(芸能ライター)

 ネット上では「池田エロイザ」との呼び名が浸透し始めているが、ますますの艶系シフトを期待したい。

最終更新:2019/04/25 17:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

池田エライザの爆乳&パイパン撮に「“エロイザ”に改名しろ!」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...
写真