日刊サイゾー トップ > 芸能  > きゃりーの初水着グラビアにツッコミ

きゃりーぱみゅぱみゅの“初水着グラビア”にツッコミ殺到!「初じゃないだろ」「あの黒歴史が……」

きゃりーぱみゅぱみゅの初水着グラビアにツッコミ殺到!「初じゃないだろ」「あの黒歴史が……」の画像1
きゃりーぱみゅぱみゅ公式Twitter(@pamyurin)より

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、8日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)で、水着グラビアを披露している。

 グラビアでは女優でモデルの内田理央と共演しており、内田が主演を務める『向かいのバズる家族』(日本テレビ系)の主題歌をきゃりーが担当していることから実現したコラボ企画。誌面には、きゃりーの“初水着グラビア”を謳っているが、これにはツッコミの声が多数。

「“初”じゃないですもんね(笑)。彼女はきゃりー名義で歌手デビューする前、本名の竹村桐子でジュニアアイドルとして活動しており、スクール水着姿でグラビアやDVDにさんざん出ていましたからね。彼女にしてみれば“黒歴史”かもしれませんが、今さら“初”の水着グラビアをうたうとは厚かましいにも程があります」(音楽ライター)

 かつて、「自分はどう考えてもアイドルじゃない」と豪語するなど、アーティスト志向の強かったきゃりーだが、水着グラビアを披露するとは、どういった心境の変化だろうか。

「原宿系のカワイイ路線がすっかり飽きられていて、昨年9月に発売された4年ぶりのアルバム『じゃぱみゅ』は1万枚程度の売り上げで苦戦しています。本人も現在の路線に限界を感じ、親しい関係者に今後の方向性を相談するなど、“キャラ変”を模索しているようです。というよりも、歌手活動そのものに行き詰まっていて、別の展開を考えているのかもしれません。今回の水着グラビアもその一環で、セクシー路線もあり得るかも。最近、彼女のSNSでは胸の谷間など、露出多めの画像がよく投稿されていますしね」(同)

 落ち目の女性芸能人の行き着く先がセクシー路線。きゃりーも、その例に漏れないようだ。

最終更新:2019/04/13 21:00
こんな記事も読まれています

きゃりーぱみゅぱみゅの“初水着グラビア”にツッコミ殺到!「初じゃないだろ」「あの黒歴史が……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真