薬物逮捕芸能人の迷言ランキング! 1位はパンツに隠した大物俳優……

2019/05/05 06:00

高樹沙耶公式Twitterより

 今年3月にタレントのピエール瀧がコカイン使用の容疑で逮捕され、芸能界の薬物汚染が再び問題となっている。もともと芸能界では薬物事件が多く存在しているが、その中で多くの”迷言”が生まれてきた。今回は、人々に強烈なインパクトを与えた”迷言”をランキング形式で5つ取り上げたい。

5位 高樹沙耶「カナダ素晴らしい」

 2016年10月に大麻取締法違反で逮捕された高樹沙耶。もともと高木は12年の芸能界の引退以来、大麻解放運動に傾倒しており、逮捕された16年には医療大麻解禁を掲げて参議院選挙に出馬したものの落選していた。逮捕後も医療大麻の合法化について活動を続けていたが、18年10月にカナダで医療大麻が解放された際に、SNSのTwitterで「こうした判断が基本になるといいですね!」とカナダへの賛辞を行い、批判を集めることとなった。

4位 田代まさし「ミニにタコ」

 00年9月にタレントの田代まさしが盗撮容疑で書類送検された際、記者会見で盗撮した理由を問われ、「『ミニにタコ』というギャグを作るために映像が欲しかった」という理解不明の釈明を行い、物議を醸した。翌01年12月には男性の風呂を除いたとして逮捕され、自宅から覚せい剤が発見されたことから逮捕された。多くの人があの釈明は薬の影響だったのかと納得したが、本人は後年、事務所の社長からギャグでごまかせと指示されたために言ったと主張している。

3位 ASKA「ギフハブっていう組織があるんですけど」

 16年11月28日に覚せい剤取締法違反で逮捕(のちに嫌疑不十分で不起訴)された歌手のASKA。翌日29日、日本テレビ系の情報番組『ミヤネ屋』では、逮捕直前に番組MCの宮根誠司と電話会談した音声が流されたが、ここでASKAはギフハブなる謎の組織が自分の監視・追跡を行っており、自分の携帯の中にそのためのアプリが入っていたと告白。日本ではかなりの人がこうした被害に遭っていると主張していたが、多くの人にとっては薬物の恐ろしさを知らしめることとなった。

最終更新:2019/05/07 12:15

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む