日刊サイゾー トップ > 芸能  > ピエール瀧「カリスマVJ」で再起!?

ピエール瀧、損害賠償5億円超も「自己破産しない」発言の真意……欧州で「カリスマVJ」として再起!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ピエール瀧、損害賠償5億円超も「自己破産しない」発言の真意……欧州で「カリスマVJ」として再起!?の画像1
ピエール瀧

 面会した関係者に「自己破産はしない」と語った裏に、彼なりの“勝算”があったようだ。

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反罪で起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告。4月4日に保釈が認められたものの、お蔵入りとなった映画やドラマなどの損害額は数億円に及びそうだ。

「所属事務所も解雇されたうえ、映画の公開中止や延期、再撮影となった映画やドラマ、販売停止となったDVDなどの損害賠償金は5億円超と言われています。都内の自宅や静岡県に所有するマンションなどの不動産を処分することになっていますが、せいぜい3億円程度でしょう」(芸能関係者)

 日本での芸能活動も絶望的な状況だが、ある音楽関係者は「案外、あっさりと返済するかもしれません」と言って、こう続ける。

「実は、瀧には『ビデオジョッキー(VJ)』という武器があるんです。世間にはあまり知られていませんが、その腕前は世界レベルだと聞いています。DJと違ってVJという職業は馴染みがないかもしれませんが、クラブでは欠かせない存在。プロジェクターや大画面テレビ、最近では大規模なLEDスクリーンなど、音楽に合わせて図形や風景、歌詞、ミュージックビデオを裏で操作している人と言えばわかりやすいでしょうか。VJは『照明やレーザーがグリーンだから、映像もグリーンの映像を出そう』『8小節目でバスドラムが抜けるからその時にはAの映像を出そう』といったことを考え、技術の差は歴然と出る。そのため、ヨーロッパでは月収1,000万円という人もザラにいます。そもそも『電気グルーヴ』はヨーロッパで人気に火がついた。イギリスやドイツでVJとして活動すれば、瞬く間にカリスマVJとして迎え入れられそうです」

 応援している人も多いだけに、再起を期待したい。

最終更新:2019/04/15 19:30

ピエール瀧、損害賠償5億円超も「自己破産しない」発言の真意……欧州で「カリスマVJ」として再起!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真