日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「ミス慶應」に混乱者続出!

集団強姦問題を経て復活の「ミス慶應」が面倒なことに……ファイナリストには元エビ中の美女も

内容証明も。KOPURE側の言い分とは?

学生団体KOPURE主催「ミス慶應コンテスト2019」Twitterより

 「実行委員会」は先月27日、弁護士を通じ「KOPURE」に内容証明を送付したと発表。これに対し、「KOPURE」は誤解を与えたことを謝罪したうえで、コンテストの名称については「特定の団体が独占使用する性質のものではなく、弊団体のホームページにおいて信用を害する違法な行為は認められない」としている。

「ミス慶應ともなれば、ファイナリストのマネジメントなどをする上で主催者にも旨味があるのでしょう。現状、『ミス慶應』という肩書き自体の価値や品位に危うさはあるものの、ゴタゴタを面白がる声も多く、例年よりも注目度は高そうです」(同)

 このままいけば、今年は2人のグランプリが生まれてしまう「ミス慶應コンテスト」。一体、どちらが盛り上がりを見せるだろうか?

最終更新:2019/06/24 15:54
12
こんな記事も読まれています

集団強姦問題を経て復活の「ミス慶應」が面倒なことに……ファイナリストには元エビ中の美女ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

 今、日本で最も注目を集めている競技といえば、アメリカンフットボールで間違いないだろ...
写真