日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大橋未歩、新人時代の“仰天行動”

“エロ熟女”大橋未歩が巨乳で悩んだ新人時代の仰天行動って!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

エロ熟女大橋未歩が巨乳で悩んだ新人時代の仰天行動って!?の画像1
ニッポン放送『大橋未歩 金曜ブラボー』公式Twitter(@friday_bravo)より

 4月から『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演している、フリーアナウンサー・大橋未歩(40)の注目度が急上昇している。

 番組では、「私、お尻は出したいくらいです。お尻だけは肌が荒れないんですよ」と美尻をアピールしたり、「(下着は相手が好きなものを身に着けたい」と言い、夫が好むボクサーパンツを着用していることも告白。ほかにもAVの画質は「粗いほうがいい」と通な好みを披露したかと思えば、鍼灸院で裸を盗撮されそうになったことまで明かし、そのたびに男性視聴者を前のめりにさせている。

 エロ熟女キャラで再ブレークした彼女だが、新人時代には世間からのエロ目線に思い悩んでいた時期があったようだ。

「大橋は入社以来、毎週のようにその巨乳ぶりが週刊誌などでクローズアップされていました。そんな状況に思い悩んだ彼女がとった『パパラッチ対策』は、なんと自身のブラジャーラインをガムテープで隠してしまうことでした。取材のときには、裾の長い上着を着用したり、ひとり控室やトイレにこもって、ブラひもやワキ、胸元など、下着が見えそうな部位を必死で隠していました。母親からかかってくる電話で『ミホちゃん、雑誌に“エロ尻”って書かれていたよ』などとたびたび言われていたことも、彼女の行動を後押ししていたのかもしれません」(テレビ関係者)

 その後、番組で行為中の体位について「バックは必要」と力説するなど、羞恥心を完全に克服。彼女がエロトークを繰り出すたびに、チャンネルを『5時夢』に合わせる人が増えていきそうだ。

最終更新:2019/05/26 18:00

“エロ熟女”大橋未歩が巨乳で悩んだ新人時代の仰天行動って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

再開発完了の二子玉川、これからどうなる?

 これまで東京都内を中心に、都市計画決定さ...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真