“エロ熟女”大橋未歩が巨乳で悩んだ新人時代の仰天行動って!?

2019/05/26 18:00

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
ニッポン放送『大橋未歩 金曜ブラボー』公式Twitter(@friday_bravo)より

 4月から『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演している、フリーアナウンサー・大橋未歩(40)の注目度が急上昇している。

 番組では、「私、お尻は出したいくらいです。お尻だけは肌が荒れないんですよ」と美尻をアピールしたり、「(下着は相手が好きなものを身に着けたい」と言い、夫が好むボクサーパンツを着用していることも告白。ほかにもAVの画質は「粗いほうがいい」と通な好みを披露したかと思えば、鍼灸院で裸を盗撮されそうになったことまで明かし、そのたびに男性視聴者を前のめりにさせている。

 エロ熟女キャラで再ブレークした彼女だが、新人時代には世間からのエロ目線に思い悩んでいた時期があったようだ。

「大橋は入社以来、毎週のようにその巨乳ぶりが週刊誌などでクローズアップされていました。そんな状況に思い悩んだ彼女がとった『パパラッチ対策』は、なんと自身のブラジャーラインをガムテープで隠してしまうことでした。取材のときには、裾の長い上着を着用したり、ひとり控室やトイレにこもって、ブラひもやワキ、胸元など、下着が見えそうな部位を必死で隠していました。母親からかかってくる電話で『ミホちゃん、雑誌に“エロ尻”って書かれていたよ』などとたびたび言われていたことも、彼女の行動を後押ししていたのかもしれません」(テレビ関係者)

 その後、番組で行為中の体位について「バックは必要」と力説するなど、羞恥心を完全に克服。彼女がエロトークを繰り出すたびに、チャンネルを『5時夢』に合わせる人が増えていきそうだ。

最終更新:2019/05/26 18:00

人気記事ランキング

続きを読む