Koki,をゴリ押した張本人がインスタに登場! 「乳首見えそう」と心配の声も

2019/06/06 00:00

Koki,のインスタグラムより

 木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,が4日、自身のインスタグラムに動画を投稿。「見えそう」と心配の声が相次いでいる。

「デビュー以来、ブルガリのアンバサダーを務めるKoki,は、ブルガリ銀座タワーで開かれた新作お披露目イベントに出席。そこで、写真家の操上和美氏と談笑する様子をインスタのストーリーに公開しました。Koki,は胸元がざっくりと開いたデニムのミニワンピースを着ていますが、胸と布の間に隙間ができ、動くたびにパカパカ浮くため『乳首が見えそう』『お年頃なのに大丈夫?』『これって、乳首チラ見せ系のドレスなの?』などとファンをハラハラさせています」(芸能記者)

 シャネルの日本初のビューティーアンバサダーとして、先月、仏・パリで開かれたシャネルの「Cruise 2020 collection」でランウェイデビューを果たしたKoki,。NHK朝ドラで主演を務めた女優の杏も、モデル時代は幾度となく乳首が丸見えの状態でランウェイを歩いており、Koki,も同様に「乳首を気にするようでは、一流モデルにはなれない」という考えなのかもしれない。

 そんなハイブランド路線をひた走るKoki,だが、ネット上では「身の丈に合わない」「ブルガリやシャネルが起用する意味がわからない」「親の十四光」などとネガティブな声が相次いでいる。

「動画でKoki,と親しげに話す操上氏は、SMAPやキムタクを何度も撮影してきた83歳の巨匠。木村家とは古くから親しく、Koki,のことを赤ん坊の頃から見てきたといい、工藤のアルバムのジャケ写なんかも手掛けています。そんな操上氏は、ブルガリのオフィシャル・フォトグラファーを務めており、Koki,がメディアデビューした『ELLE JAPON』(ハースト婦人画報社)の表紙も操上氏によるもの。これほど親のコネを堂々と使いまくる二世タレントも、他にいませんよ」(同)

 ハイブランド系モデルにしてはスタイルが今ひとつなことから、ランウェイデビューの際には公開処刑状態となってしまったKoki,。親の十四光と巨匠・操上氏の猛プッシュによりメインストリームを闊歩しているが、誰もが認める結果を出すことはできるだろうか?

最終更新:2019/06/06 00:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む