宮迫博之“幹部招待”発言受け『アメトーーク!』観覧募集が中止に……打ち切りへのカウントダウン?

2019/06/18 19:00

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
『アメトーーク!』公式ホームページより

 先日「FRIDAY」(講談社)が報じた反社会的組織への闇営業問題が、いまだ収束する気配がない。

 6月14日には、カラテカ・入江慎也の仲介で反社会的組織の忘年会に参加した雨上がり決死隊の宮迫博之が、主犯格の幹部夫婦へ『アメトーーク!」に招待すると発言する動画が流失したことを受け、同番組を放送しているテレビ朝日が吉本興業に対し、コンプライアンス遵守の徹底を要求したのだが、それだけでは終わらなかった様子。なんと、今度は『アメトーーク!』の観覧募集がストップしてしまったという。

「これまで、同番組では公式サイトで観覧募集が行われていました。ですが、今週に入ってから、公式サイトの観覧募集のページが『ただ今募集はしておりません』との仕様に変更されたんです。これは、宮迫さんの主犯格夫婦を招待するとの動画を受けての対応でしょう。あの動画のイメージはいまだ強いので観覧募集していれば、『反社会的組織の人がいるじゃん』と言われ続け、さらにスポンサーからも苦情がくるに違いないでしょうから」(芸能ライター)

 同番組は観客の声も面白さのひとつであるが、さまざまな問題を考えると、苦渋の判断だと思える。

 だがその一方で、「これが打ち切りへのカウントダウンの始まりでは?」という見方もあるようだ。

「宮迫さんは『ギャラは受け取っていない』と話していましたが、『絶対に100万円のギャラを渡した』との元幹部の証言が週刊誌に出たことで問題に拍車をかけた。ネット上では『早く打ち切りにしろ!』『反社会的組織と関係がる芸人が司会者の番組なんて見たくない』という声が加速している。それゆえ、このまま観覧募集中止のまま打ち切りということも十分に考えられます」(同)

 まだまだ宮迫の周りでは、この問題での影響がありそうだ。

最終更新:2019/06/19 09:35

人気記事ランキング

続きを読む