日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 小嶋陽菜、丸パクリで売り切れ

小嶋陽菜、「これはやりすぎ!」自身のブランドが”丸パクリ”被害も売り切れ続出の嬉しい悲鳴

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

小嶋陽菜

「これはやりすぎ!」

 こうつぶやかれて話題となっているのは、元AKB48の人気メンバーでタレントの小嶋陽菜本人のツイッターだ。

 事の発端は、小嶋がプロデュースするアパレルブランド『Her lip to』のワンピースと似たデザインの商品が、某人気ブランドショップから発売されたことだった。

 ショップのサイトに掲載されたワンピースを見た小嶋のファンからは、「デザインを真似てまで売り上げ得ようとするの最低」「断然こじはるちゃんの作ったデザインのほうが大好き」「コピーされてこそ本物よ」などとツイッター上に多くの擁護するコメントが書き込まれた。

「芸能人プロデュースのアパレルブランドをめぐっては、タレントの益若つばさや広瀬すずが盗作疑惑を指摘されたことがあるなど、過去にも似たような話が多くあります。『アパレル業界ではよくあること』と、暗黙の了解としている企業も少なくないようです」(週刊誌記者)

 この件について、元アパレル関係者が証言する。

「私の働いていた会社では、『マーケティング』と称して様々な店を回り、どの店のどんな商品が売れているかをチェックし、それを参考にさせていただいたうえで商品をデザインにおこし、販売していました。2015年に、不正競争防止法違反で逮捕されたブランドもありましたから、まったく同じデザインや生地で”まるパクリ”なんてことはやってはいけないこと。小嶋さんの件は私から見たらグレーというところでしょうか」

 このニュースを受けてかは定かではないが、現在、小嶋ブランドの商品は売り切れが続出しているそう。結果的にこじはるの勝利か。

最終更新:2019/07/21 12:00

小嶋陽菜、「これはやりすぎ!」自身のブランドが”丸パクリ”被害も売り切れ続出の嬉しい悲鳴のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

Netflix『アイ・アム・ア・キラー』

 Netflixはまるで人生のようだ。『テラ...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真