日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > エド・はるみ、二科展入賞

エド・はるみ、二科展初出品でいきなり入賞の快挙もネットからは苦言相次いだワケ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

エド・はるみ オフィシャルブログ「ネガポジ反転日記」より

 エド・はるみが、二科展で入賞したことを報告した。

 芸能人が多く出品することで知られる二科展。今年も常連の工藤静香をはじめ、元乃木坂46・若月佑美、女優の田中道子らが入賞していた。

 そんな中、エドも二科展初出品で初入賞していたことを報告していたが、21日にブログを更新し、「二科展 エド・はるみ」というタイトルのエントリーを投稿。その中で、「思いもかけず、この度初出品で初入選した『104回 二科展』」「20回連続入選の工藤静香さんや押切もえさんの入選でも有名です」と触れ、芸能人の絵は検索すると出てくるものの、自身の絵は検索しても出てこないといい、「ということで。誰か何とかしてくれないか~~ということを期待して」と、初入賞した自身の作品を披露した。

 エドの作品は黄色を基調とした、抽象画。タイトルは『喜(よろこび)』だといい、自身の絵を見に来てくれた人たちの後ろ姿の写真を披露。「…あぁ!!!!背中に掻いた(描いた)爪跡を残していきたい」と切実に語り、展覧会を終え、絵が自宅に戻ってきたことなども明かしていた。

 しかし、この報告にネット上では、「芸能人忖度としか思えない」「二科展入賞って、(笑)を付けないと語れないよね」「二科展は芸能人ならば誰でも入賞する。一般人がこれと同じような絵描いても入賞しない」といった厳しい声ばかりが飛び交っていた。

 芸能人が多く入賞することから、その評価の信頼性にもたびたび疑問が集まっている二科展。それだけにエドの作品にも苦言が集まってしまったようだ。

最終更新:2019/09/25 00:00

エド・はるみ、二科展初出品でいきなり入賞の快挙もネットからは苦言相次いだワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真