日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 台風直撃で箱根駅伝に危険信号

台風直撃で箱根が壊滅的なダメージに! 被害甚大で正月の「箱根駅伝」にも危険信号が点滅

箱根駅伝公式サイトより

 河川の氾濫や土砂崩れなど、全国各地で大きな被害が出た台風19号で、箱根では3日間の降水量が1000ミリを突破。正月恒例の箱根駅伝開催にも支障が出そうな状況だ。

 今回の台風は長野、茨城、福島、宮城ほか、広い範囲にダメージを与えたが、猛烈な雨量に見舞われたのが、温泉で有名な観光地・箱根だ。12日深夜から強い雨が振り始めると、夜21時頃までバケツをひっくり返したような雨が振り続け、1日で922ミリの降水量を記録。11日の降り始めからの雨量は1000ミリを超えた。現地の交通事情に詳しい週刊誌記者がいう。

「今回の大雨で箱根は甚大な被害を受けました。現時点(17日正午時点)でも、箱根駅伝のコースの一部区間は通行止めになっていますし、駅伝観戦の名所となっている『箱根小涌園ユネッサン』のあたりは滝のように水が流れています。現在不通となっている区間は大動脈の国道1号線ですから、最優先で復旧作業が進められるでしょうが、箱根町では至る所で水が吹き出していて、被害の全容が把握出来ていないのが現状です。また、特に被害が深刻なのが箱根登山鉄道で、関係者は『復旧には数か月かかる』と話しており、箱根駅伝(1月2日・3日開催)には間に合わなさそうです」(週刊誌記者)

 箱根はこれから紅葉シーズンのかきいれ時。箱根登山鉄道の不通区間はバスで代替輸送が行われているが、このままだと例年通りに箱根駅伝を開催することは難しくなりそうだ。30年以上箱根駅伝を見続けてきたスポーツライターはいう。

「今回の台風では宿泊施設も大きな被害を受けており、関係者の常宿となっている某ホテルは長期休館に追い込まれてしまいました。地元にとって箱根駅伝は大事な観光資源ですから、何を差し置いても大会はやって欲しいでしょうが、箱根登山鉄道の復旧が見込めないとなれば、住民の移動手段は車だけ。ライフラインを長時間、駅伝が占領するわけにはいきません。繰り上げスタートの基準は厳しくなるかもしれません。

 また、箱根駅伝では、交通整理をするために駆り出される出場校以外の大学の陸上部員や往路を走り終えた選手たちは、箱根登山鉄道を利用して移動しています。関係者や報道陣を含め、箱根湯本~芦ノ湖間の移動手段をどう確保するかも考えなくてはいけません。本番まではそれほど時間があるわけではありませんから、大会を運営する日本テレビや読売新聞の関係者は、大会開催に向けて胃の痛い日を送ることになりそうです」(スポーツライター)

 箱根の山を駆け上がる彼らの姿には正月から頭が下がるが、関係者の苦労に比べれば、“走るだけ”の選手の方がまだ気楽かも?

最終更新:2019/10/18 12:05
こんな記事も読まれています
関連キーワード

台風直撃で箱根が壊滅的なダメージに! 被害甚大で正月の「箱根駅伝」にも危険信号が点滅のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

 さあ、いよいよ兄弟揃い踏みだ!――総合格闘界の大注目株、朝倉未来(みくる・26歳)...
写真